広告のウソに騙されないで!

住宅業界には、世間では非常識と思われる事がたくさんあります。自分たちにとって都合の悪い事を、業界の常識としているのです。
そんな「業界の一人でもある私自身」の反省の意味も踏まえて、住宅業界の秘密を公開します。

広告を見たお客様は電卓をたたきながらこう思います。
 『坪30万円か!・・・すると40坪で1,200万円!これなら自分にも買えそうだな!』

しかし多くの場合、家が完成する頃には価格は2倍近くにまで膨れ上がったりします。
商談時には坪30万円だったものが、 あれを付けると○○円アップ、これを変更するとさらに○○円アップといった感じです。


住宅が完成する頃には驚くほど高い金額の家になっています。
「それじゃ、詐欺と変わらないじゃないか・・・!」 そう思うのも当然です。しかし、それが住宅業界の常識なのです。


住宅業界では価格の表示方法に決まりが無いのをご存知ですか?


住宅価格の表示方法には決まりがありません。各社自由に設定できるのです。
本体価格で表示するところもあれば、引き渡し価格を表示する良心的なところもあります。

また、お客様を呼び込む目的で、安い価格で表示するところもあるので注意が必要です。

私が聞いた話では、『最終的な金額は建ててみないと出ないですね~』などと言いだす会社まであるそうです。まったく驚きです。

適正価格住宅
欠陥住宅

この業界にいるとわかるのですが、テレビに出てくるようなヒドイ欠陥を抱えた住宅と言うのは、実際はほとんど存在しません。


しかし、今でもテレビなどで頻繁に取り上げられています。
なぜか欠陥住宅という言葉が次から次へと湧き出してくるのです。


何故なのか?それは仕事の無いごく一部の設計士が、欠陥住宅の無料相談と銘打ち、そこから商売につなげたいからに他なりません。


今流行のNPO法人を設立して、さも困った消費者を助ける正義の味方のような顔をしているから困りものです。

いかがですか、このようなことが住宅業界ではごく当たり前のように行われています。しかも、これはほんの一部にすぎません。
他にもまだまだ沢山の非常識な秘密があります。

もっと知りたい方は、私の書いた小冊子『知っておきたい住宅業界の非常識』をお読みください。業界からの批判を覚悟で、住宅業界の非常識を徹底的に暴露しています。家づくりを考え始めたらまず最初に読んでほしい一冊です。

syosasi-01
お客様の立場に立ってみると「エッ・・・どうして?」と、思う事が少なくありません。
当たり前の事ですが、誰も自分に都合の悪い事は言いません。 都合の悪い事は秘密にしておいた方が楽だからです。

お客様は家づくりについては素人です。「これが業界では当然なんですよ!」と、業界のプロに言われれば、納得いかなくても「そうですか・・・」と、思うしかないのです。

inquiry