家づくりの匠紹介

職人集合写真
俺たちには職人としてのプライドがある。
        俺たちに妥協という言葉はない。


今も昔も職人魂は変わっていません。頑固に、ひたすら頑固に家をつくり上げることだけ。
俺たち大工は家をつくることしか能がない。今までもこれからもずっといい家をつくっていくだけ。

 「職人の名に恥じない仕事をする」そんなことは当たり前のこと。私たち工務店がつくる家は職人がつくる家です。
工場で加工したものを組み立てるものではありません。
何年もかけて修行してきた一人前の職人だからこそいい家をつくることができます。

一棟の家をつくるには、数えきれないほどの職人のチカラが必要です。大工・左官・基礎・水道・電気・・・・それぞれがチカラを合わせ、ひとつになってつくり上げるのです。

私たちがつくる家には、携わる人間の魂が籠められています。「家につくり手の魂を宿す」これがサンホームの目指す家づくりです。

職人からの熱いメッセージ

棟梁 高坂

kousaka
職人魂は代々受け継がれていくものです。受け継いでいくものとしての伝統とプライドを持って、いつの時代にも変わらない大工職人としての責任をもって仕事をしています。

大工 高坂

kousaka2
これからは、若い力が支えていくことになります。腕と若さのパワーではだれにも負けません。古き良き伝統の中にも、いつも新しさを取り入れながら仕事をしています。安心してお任せ下さい。

棟梁 阿保

touryo
永年培ってきた職人としての技術は、厳しい修行を乗り越えてきたものしか得ることはできません。大工職として、今まで習得してきた技術のすべてをかけて家をつくっています。

大工 木村

kimura
今も昔も変わらない、職人としての誇りは年齢だけでは語りきれません。まずは仕事ぶりをじっくりと見てください。そこには簡単には身に付ける事が出来ない、職人だけが持ってる技術があります。

基礎工事 白川

sirakawa
基礎は建物を支えるとても重要な部分です。基礎がしっかりしていないと、どんなに丈夫な家を建てても意味がありません。私どもがつくる基礎に不安を持ったお客様は一人もいません。安心してお任せ下さい。

電気工事 吉川

denki
電気設備は住宅の進歩とともに年々新しい技術が導入されています。最新の技術と機動力であなたの家を明るく住みよい家にしてみせます。

左官工事 石岡

isioka
左官業一筋でやってきました。大工と左官は昔から家づくりに最も重要な役割を果たしてきました。私の持つ左官職人としての技術は必ずや納得していただけると信じて仕事をしています。

設備工事 實

minori
生活する上で大切なライフラインは永年積み重ねてきた実績と技術をもって施工しています。お施主様が使う給排水は私が責任を持って施工します。

板金工事 八木橋

yagihasi
屋根は建物のなかでも最も重要な部分の一つです。10年保証の対象にもなっていることから、いつも最悪を想定し、最善の施工を心がけています。

内装仕上げ工事 長谷川

hasegawa
最後の仕上げは、建物の中でも一番目に留まりやすい部分です。お施主様が気持よく生活していただけるよう、心をこめて施工に取り組んでいます。

YS吉田産業 笹森

sasamori
いつでも最新の建材と情報をご提供しています。時代の流れが速い今の時代、その流れに負けないよう、最新の知識でお客様が喜んでいただけるご提案を心がけています。