蓄熱暖房器の入れ替え

青森市は初雪が降り、寒い一日でした。

今回は普通の人はめったに見れない蓄熱暖房器設置状況をお伝えしたいと思います。
まず、我が家では14年前にオール電化で建てたのですが、蓄暖にマイコンが内蔵されていませんでした。
そのため、せっかくのマイコン割引制度を使うことができずに無駄にしていました。

2014年3月までに契約しないと電力のマイコン割引がなくなってしまします。
これから電気代も上がり、割引がなくなると家計を圧迫します。
現段階では3月までに契約してそれ以降電気料金プランの変更などしなければ割引が
継続されるとのことでしたので、思い切ってマイコン付きの蓄暖に替えることをしました。

しかし、そもそも14年暮らしていっさいメンテナンス費用がかかっておらず、故障もなく
もったいないのですが・・・電気料金を考えると 長い目でみるとメリットの方が大きいと判断

早速自分で一台バラしてみることにしました。
13,11,10 柏屋邸 蓄暖 004

蓋をあけて、断熱パネルを開けるとレンガがビッチリ入ってます。
13,11,10 柏屋邸 蓄暖 007

次にレンガに番号を書いて貼っておきます。(一応次回蓄暖を使うかもしれないので・・・)
全部レンガを取り除くとほぼ終了です。といってもレンガが思ったよりも重くて大変でした。
大きい蓄暖になればなるほどレンガの量が多いので運ぶのが大変です。
今回一番大変なのはレンガの移動だと思います。ああ、腰にきた...
運送屋さん・・・お疲れ様でした
13,11,10 柏屋邸 蓄暖 011

て、・・・これで解体は以上です。解体は意外に簡単でしたよ。
あとの配線などは、専門の電気屋さんにお任せです。(設置は逆手順です)
13,11,10 柏屋邸 蓄暖 017
13,11,10 柏屋邸 蓄暖 020
13,11,10 柏屋邸 蓄暖 022

こんな感じであったかい蓄暖は設置されるですね。

****************************************************************
家づくりについて知りたいことがありましたら
青森の住宅サンクリエイトホームのサイトをご覧ください
リフォームについて知りたい方は
青森のリフォーム青森リホーム館へどうぞ
家づくりについて役立つ情報を発信しています!
*****************************************************************