え~! オーバーブッキング?

こんにちわ、旅好きの小枝です。最近の日差しで顔がもう真っ黒に日焼けしてます

これからの時期は旅行を計画している方も多いのではないでしょうか?

旅行といえば乗物、そう今日は人生初の国際線ビジネスクラス搭乗をつぶやきます。

今から数年前にグレートバリアリーフで泳ぎたくてケアンズに行った時のことです。

ケアンズを十分満喫し帰国の途、空港のチェックインカウンターで手続きをしてると

係員、「お客様、大変申し訳ございませんが座席の変更をお願いできますか?」

、「えっ?」 

係員ビジネスクラスのウィンドゥサイドの座席をご用意しておりますが‥‥」

嬉しさを悟られないようポーカーフェイスで「ああ、いいですよ。オーバーブッキングですか?」

係員
、「えぇ、まあ。」 

わたしは心の中でラッキーと叫びました(笑)

オーバーブッキングって何?

飛行機やホテルで予約係が当日のキャンセルを想定し若干多めに予約を入れるのが普通ですが、想定がハズレる場合があるんです。

するとアップグレードでエコノミーがビジネスに、あるいは別便に振替えしてもらい、マイルを加算してくれたりします。

各国の航空会社を平均するとオーバーブッキングの確率は約1%だそうです。100回乗って1回の確率!です。

以下、箇条書きで感想です。

1.搭乗の順番が早い
2.食事がおいしい。(コース料理のように1皿ごとに運ばれる)
3.おもてなしが素晴らしい
4.座席が広い(足を伸ばして寝れる)
5.キャビンアテンダントが年配の方ばかり(失礼)

6.到着後、ターンテーブルから真っ先に荷物がでてくる

以上、、至福の7時間30分でした。

至福といえばサンクリエイトホーム「家族が幸せに暮らせる家」をテーマにして日々頑張っています。

「家族が幸せに暮らせる家」には色々な想いが込められているんです。

その想いをサンクリエイトホームをクリックして皆様に感じ取って頂ければ幸いです。

次回も旅の独り言、つぶやくぞ~。





P1010729
JALのロゴマークの部分がビジネスクラスの位置です。
P1000089
グリーン島です。
P1010569
グリーン島へ向かう船中です。