住宅の健康被害とは ~知らなかったでは済ませられない~

サンホームがお届けする、家づくりお役立ち情報!


これから住宅を建てようと考えている場合に、

もっとも重要な要素のひとつが、住宅が健康に及ぼす影響です。

 

本来、寒さや暑さ、自然条件などの危険から守ってくれるはずの住宅も、

住宅そのものの性能が悪いと、むしろ危険を助長してしまうことにもなりかねません。

 

中でも重要と思われるのが住宅内の各部屋の温度差です。

特に廊下、トイレ、お風呂場などの温度差が重要になってきます。

 

そこで、今回は『住宅の部屋間の温度差が及ぼす影響』についてのお話です。

 

室内の温度差がなぜ問題なのか?

 

それは、血圧の上昇と綿密に関係してくるからです。

一日のうちで血圧が最も低くなるのは、就眠後の12時間といわれています。

 

このような寝ている状態から急に立ち上がると、それだけで血圧が10ポイント上がります。

 

高血圧の人やお年寄りなど、就眠中にトイレに立とうとするだけでも危険です。

 

さらに、就眠中の布団の中の温度は、夏・冬ともにあまり変化はなく、

3234度位といわれています。

 

例えば、一般的な住宅の暖房していない廊下で、気温5度と想定してみても、

布団から廊下に出る間の温度差は27度以上もあります。

 

この場合、血管が急速に伸縮して、なんと血圧が急激に約30ポイントも上昇します。

これが温度変化による急激な血圧上昇、いわゆる「ヒートショック」といわれる現象です。

 

外気温がマイナスに下がる青森では、その危険性は測り知れません。

 

トイレだけではなく、風呂場や使用していない部屋など、普段暖房されていない部屋は、

温度差が激しく、危険な場所といえます。

 

お年寄りだけではなく、乳幼児や虚弱体質の人も、風邪をひきやすくなり、

様々な病気の発症原因をもつくってしまうこになります。

 

このように、健康で安全に暮らすためには、家全体が温度変化の少ない、

高断熱・高気密・計画換気3つの要素を取り入れることが理想といえます。

 

家づくりを始める前に、まずは、この高断熱・高気密・計画換気の3つの要素が

そろった住宅会社を選ぶことがとても重要です。

 


家づくりについて疑問、質問などがありましたら、

サンホームまでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ、ご相談は、こちらからどうぞ!