家庭内事故を防ぐ ~家庭内には危険がいっぱい~

サンホームがお届けする、家づくりお役立ち情報!

サンホームの佐藤です。

今回は、家づくりワンポイントアドバイス「家庭内事故を防ごう」です。


◇◇◇ 家庭内には危険がいっぱい ◇◇◇


大人が快適に暮らす住まいも、小さな子どもにとっては危険がいっぱいです。

1歳から4歳の子供の死亡原因のトップは「不慮の事故」。

そして、その半数以上は家庭内での事故とのことです。

家づくりの際は「デザイン」「間取り」「予算」などが重要になりますが、

子供や高齢者にとっての安全もしっかり考慮しておきたいですね。


◆危険なところワースト5 (All  About記事より抜粋)

乳幼児にとって最も危険なところは次の5項目です。


1・階段

建築基準法では踏み面15cm以上、蹴上げ23cm以下と決められていますが、

この数値通りの階段をつくると、57度の急こう配の階段になり、とても危険です。


2・浴室

1歳から4歳までの死亡事故の1/3は水死。その中の8割が浴槽で起きています。


3・建具

折れ戸のすき間やドアに手を挟んで怪我をする。


4・小さな段差

床の段差は、手前より向こう側の段差が危険です。


5・ガラス

出入り口周辺、階段周りなど、衝突の発生しやすい場所に使うガラスはとても危険。


◆特に注意が必要な階段と浴室


階段は、乳幼児に限らず、家の中でも事故の起こりやすい危険な場所です。

階段の勾配を緩やかにする、手すりを設置するなど、安全面を良く考慮しましょう。

また、浴室も事故の多い場所です。

乳幼児の場合は10cmの水深でも溺れてしまうことがあります。

小さな子供が1人で入れないようにカギを設置する、残し湯をしない等の注意をしましょう。


◆意外な場所の事故

意外な場所の事故として、最近は、ブラインドやロールカーテンのタッセルなどの

「ひも」が乳幼児の首に巻きつくなどの事故が多くなっています。

ブラインドなどのひもは巻き上げておく、タッセルは外しておく、または手の届かない位置にするなどの注意をしましょう。


子供の事故は思わぬ場所でも起きることが多いものです。

早めの対策を講じることが大切ですね。



家づくりで気になることや疑問などがありましたら、

サンクリエイトホームまでお気軽にご相談ください。