階段の位置について ~リビング階段編~

サンホームがお届けする、家づくりお役立ち情報!

サンホームの佐藤です。

今回は家づくりワンポイントアドバイス編です。


家づくりにおいて、間取り配置はとても重要です。

そこで、間取りのなかでも、配置する場所がとても重要になる『階段』についてです。

間取りを考える際、とかく後回しにされがちな階段。

実は、我々プロの目線からすると、間取りを考える上で、最も重要なのが階段の配置なんです。


◆リビング階段

住まいのなかで、上下階をつなぐ導線となる階段。

最近では階段を玄関や廊下ではなく、リビング内に設ける「リビング階段」、「リビングイン階段」というプランが多くなりました。

そこで、リビング階段にした場合のメリットとデメリットについてです。


◆リビング階段のメリットとデメリット


【リビング階段のメリット】

メリットとしては、なにしろ家族のコミュニケーションがとりやすいこと。これが一番です。

階段がリビングにあることで、子供が2階の個室に行く際には、必ずリビングを通ることになり、

自然に家族と顔を合わせることで、コミュニケーションもとりやすくなります。

また、デザイン性の高い階段にして、階段そのものを室内インテリアのポイントとすることもできます。


【リビング階段のデメリット】


デメリットとしては、階段室が煙突の役割を果たすため、冷暖房などの熱効率が悪くなりがちです。

冬には2階から階段を通って冷たい空気がリビングに流れ込み、寒さを感じたりする場合があります。

これを「コールドドラフト現象」と言います。

また、階段がキッチンに近い場合は、料理のニオイが2階に上がりやすい、

階段のホコリがキッチンに入りやすい・・・などがあります。


それぞれに一長一短があるので、間取りを考える際は、階段の位置をしっかりと検討することが大事です。


家づくりで気になることや疑問などがありましたら、

サンクリエイトホームまでお気軽にご相談ください。