地震保険について ~地震保険とは?~

サンホームがお届けする、家づくりお役立ち情報!

今回は、家づくりワンポイントアドバイス『地震保険編』です。


◇◇◇ 地震保険って、どんな保険? ◇◇◇


東日本大震災後、地震保険が注目されています。

地震保険への加入を検討された方も多いのではないでしょうか。

今回は、地震保険の知っておきたいポイントを紹介します。


◆地震保険単体では加入できない

地震保険は、必ず、火災保険とセットの契約になります。

現在、火災保険だけに加入している方は、契約期間の途中からでも地震保険に加入できます。


◆地震保険の対象は?

地震保険で保障の対象になるのは、「建物」と「家財」に分けられます。

住居として使用されていない建物は対象外になり、

また、自動車や30万円を超える貴金属、骨董品、通貨、有価証券なども対象外となります。


◆契約金額の限度がある

契約金額は、建物5000万円、家財100万円を限度に、

それぞれ火災保険の保険金額の30%から50%の範囲で設定します。

例えば、火災保険の建物に対する契約金額が2000万円なら、

600万円~1000万円の間ということになります。


◆建物構造と所在地域で保険料が異なる

建物の構造、住宅性能表示による耐震等級、地域によって保険料金が異なります。

構造は、例えば鉄骨構造に比べると木造の方が地震で被害を受けやすいとされるため、

保険料が高くなります。


◆損害の状況で支払われる保険金額が変わります

地震の結果、住居や家財が全損したのか、それとも半損、一部損にとどまるのかでも、

支払われる保険金は変わってきます。

全損の場合は、「時価」を限度に契約した保険金額の100%が支払われますが、

半損の場合は50%、一部損の場合は5%の支払いとなります。

(時価とは、同等のものを新たに建築または購入するのに必要な金額から、
使用による消耗分及び経年劣化を控除して算出した金額を言います)


◇◇◇ POINT ◇◇◇

地震保険の保険金は、損害のすべてをカバーするものではなく、

”生活の立ち上がり資金”としての意味合いが強いものと、理解しておくのがいいですね。