住まいの色決めについて ~軽い色と重い色~

サンホームがお届けする、家づくりお役立ち情報!

今回のテーマは、「インテリアと色編」です。


◇◇◇ 色の効果 ◇◇◇

重い、軽い、暖かい、寒いなど、色を見て感じることはありませんか?

そんな色の心理的効果はインテリアの中でも様々な効果をもたらします。


◆軽い色と重い色

白と黒では、なんとなく黒の方が重く感じられるように、色には重さ感があります。

よく用いられるエピソードのひとつで、ある工場の商品を荷運びしている人たちから、

「荷が重い」という不満が挙がり、黒色だった箱を明るい緑色に変えたところ、

「重い」という苦情が無くなったという話もあるそうです。


重い、軽いの印象は色の明度の高低によるもので、

明るい色ほど軽く感じ、暗い色は重く感じられます。


インテリアでは、この重さの感覚が重要で、一般的には重い色を床の方に使い、

天井に向かうほど軽い色にすることが配色の基本となっています。


天井が軽やかな色であれば、実際よりも高く感じられ解放感が出るからです。

また、インテリア全体のイメージを考えるときにも重量感を考えることは大切です。


落ち着いた重厚な雰囲気にしたいときには濃いめの重量感のある色を、

反対に、ふわっとした軽快な雰囲気にしたいときには、明るい軽さを感じる色を使うといいでしょう。




b6c368f8210743f193a9ba2472a65904

天井をなるべく高く見せるためには、

白に近い色ほど効果的です。

壁は天井と同色か、天井より少し濃い色にすると

開放感のある空間が演出できます。


◇◇◇ POINT ◇◇◇

白い天井は見た目が実際より10cm高く感じ、

黒い天井は見た目が実際より20cmも低く感じられると言われています。