間取り図の記号 ~図面の記号分かりますか?~

今回のテーマは「間取り図の記号」について


◇◇◇ 間取り図の記号の意味 ◇◇◇


住宅の間取り図には一般的に「LDK」などの記号が記載されていますが、

「これは何の略?」と思ったことはありませんか?

今回は「ちょっと分かりにくい記号」についてのお話です。


◆SLDKの「S」とは?

間取図りで見かける「1SLDKや3LDK+S」の「S」とはサービスルームの略です。

建築基準法では、窓の大きさが居室面積の7分の1以上無い場合、居室として認められません。


そこで、居室として認められない部屋のことを「サービスルーム」と呼んでいます。

納戸や収納スペースとして使う場合が多いですが、

実際には独立した部屋として十分使える場合も多いです。


◆DENとは?

DENとは英語で「巣・洞穴」を意味する言葉です。

このことから、書斎や趣味を楽しむ部屋という意味合いで使われることが多く、

一般的には書斎を表すことが多いようです。


◆WICとWTCの違いは?

WICはウォークインクローゼットの略で、

中に歩いて入り、服を選ぶくらいの広さをもったクローゼットのことです。


WTCはウォークスルークローゼットの略で、WICとほぼ同じですが、

出入り口が2つあり、隣室に通り抜けできるタイプのクローゼットのことです。

最近ではFC(ファミリークローゼット)などの表記もあります。


◆SICとは?

SICはシューズインクローク(クローゼット)の略で、

玄関脇にあり、靴を履いたまま入れるタイプのクロークのことです。


靴だけでなく、アウトドア用品やゴルフ、スキー道具など、

様々なものを収納できるので、人気の設備の1つです。

青森では、雪かきの道具を置いておければ便利ですね。


◇◇◇ POINT ◇◇◇

サービスルームとDENの明確な違いはなく、

他にもN(納戸)やSTR(ストレージ)と表記されることもあります。

サンクリエイトホームでは、このような記号での表示をできるだけ避けて、

誰が見ても分かるような表記にしているので安心してくださいね。