スマートハウスって何? ~スマートハウスについて~

今回のテーマは「スマートハウス」について。


◇◇◇ スマートハウスとは? ◇◇◇


最近テレビCMなどでよく耳にする「スマートハウス」

聞いたことはあっても具体的にはどのような家を指すのか分からない人も多いと思います。

今回は、「スマートハウス」について簡単にご説明します。
(参考:SUUMO住まいのお役立ちノウハウ)


◆スマートハウスとは・・・

スマートハウスとは、「IT(情報技術)を駆使して、

今までの生活を変えることなく無理せずにエネルギーを賢く使う家」のことです。


具体的な方法としては、エネルギーの消費を抑える「省エネ」、

各家庭でエネルギーをつくる「創エネ」、家庭にエネルギーを蓄えておく「畜エネ」、

さらにこれらのエネルギーを集中コントロールする「HEMS(ヘムス)」というシステムがあります。


◆今までとおりの生活で省エネってできるの?

スマートハウスには無理せず省エネできる様々な仕組みがあります。

例えば、気密性や断熱性といった住まいの性能を高めることで、エアコンの使用量を減らす方法。


さらに、光や風を上手に取り込む、樹木などで直接熱を抑えるなど、

自然の恵みを有効利用することによってエアコンや照明などの使用を抑える事が出来ます。

また、節水機能の高いトイレなど、エコ家電を導入するのも一つの方法です。


◆どうやってエネルギーを作るの?

「太陽光発電」をはじめ、「家庭用燃料電池」「地中熱ヒートポンプ冷暖房システム」など、

自宅でエネルギーを作る「創エネ」は様々なものがあります。


◆家でエネルギーを貯めておけるの?

今、まさに各メーカーによって、非常時の予備電源に使える

「家庭用蓄電池」の開発が盛んに行われ、商品化されつつあります。


◆なぜ今注目されているの?

東日本大震災以降、顕在化したエネルギー問題。

この問題解決に貢献する家づくりが住宅業界の重要なテーマの1つとなり、

「スマートハウス」が注目されるようになりました。

どうしたらもっと節電できるのか?

快適性を保ちながら節電できる方法はないのか?など、日々開発・研究が進んでいます。


◇◇◇ ポイント ◇◇◇

震災後、多くの人がエネルギー問題に関心を持つようになりました。

スマートハウスはこれからますます注目のキーワードになりそうです。