通風・換気していますか? ~通風のポイント~

サンホームがお届けする、家づくりお役立ち情報!

今回のテーマは、「通風のポイントについて


◇◇◇ 通風の重要性 ◇◇◇


「通風」という言葉を聞いたことはありますか?

通風とは文字通り、室内に空気(風)を通すこと。

暑いときに体感温度を下げる効果のほか、換気や、ダニ・カビの発生を防ぐなど、

住まいにとって、とても重要な効果があります。


住生活グループの「LIXIL」が行った「通風と節電」に関するアンケート調査によると、

「通風」という言葉の認知率は9割で、その節電効果については7割が「知っている」という結果が出たそうです。

また、「通風」のために実践していることは・・・・・

1位・・・窓を開ける

2位・・・扇風機を使用する

3位・・・換気扇を使用する


という結果になりました。さらに「窓の開け方で工夫していること」では・・・

1位・・・2か所の窓を開ける

2位・・・風通しを考えて窓を開ける

3位・・・家中の窓を全開にあける


という結果になり、多くの人が、ただ窓を開けるだけではなく、

意識的に工夫して窓を開けていることが分かりました。


現在では、法律で24時間換気が義務付けられていますが、

換気扇や空調に頼るだけでなく、やはり自然の風を上手に取り入れる事が大切です。

効率の良い換気、通風のポイントは!


◇風の入り口と出口を作る

せっかく風が入ってきても出口がないと風は流れません。

風の入り口と出口を作ることが基本です。



◇部屋の窓は対面がベスト

風が良く通るには、部屋の窓は対面に設ける事がベストです。

また、窓と窓の距離が離れているほど、風は大きなうねりになります。



◇風の流れを上下に

窓などの開口部は、一方を低く、もう一方を高くすると風が通りやすくなります。

我々業界では「重力換気」と呼ばれています。


◇◇◇ POINT ◇◇◇

自然の風は、カビやほこり、湿気や匂いを減らす効果もあり、

人だけでなく、住まいにとっても大切な効果をたくさんもたらしてくれます!