あかりの健康チェック ~照明器具の寿命~

サンホームがお届けする、家づくりお役立ち情報!

今回のテーマは、「照明器具の寿命について」です。


◇◇◇ あかりの健康チェックをしていますか? ◇◇◇


10月21日は「あかりの日」です。

毎日の生活の中で当たり前のように使用している「照明」ですが、

照明器具はランプさえ交換していれば大丈夫!と思っていませんか?

実は照明器具にも寿命があるんです。


◇照明器具の寿命は8~10年が目安

照明器具も家電の一つ。

外観に変化がなくても、時間とともに内部の劣化は進行します。

交換時期の目安は使用環境や点灯時間にもよりますが、

およそ8~10年、耐用の限度は15年とされています。


◇こんな症状に要注意!

● 最近、故障が増えている

● ランプの交換が多くなっている

● 焦げ臭いにおいがする

● ソケットが変色している

現在、お使いの照明器具にこんな現象は出ていませんか?

劣化や疲労などによって性能の低下した照明器具は、発煙等を伴う事故につながる等、

安全面で問題があるだけでなく、エネルギー効率の面でも大きな損失になります。

少しでも異常を感じたら、早めの器具交換を行うことが大切です。


◇こんな設置環境にはご注意を!

● 煙や炎の発生する台所のコンロ付近

● 長時間連続使用する場所

● 高温多湿の場所

● 振動の多い場所


照明器具の平均寿命の10年というのはあくまでも標準的な目安です。

使用環境や時間によってはもっと短命になる事もあります。

上記のような場所へ設置されている場合は特に注意が必要です。

10年経っていなくても、年に一度は照明器具の点検をしてみましょう。



◇◇◇ POINT ◇◇◇

ご使用の照明器具の製造された年は、

器具についているラベルに記載されています。

器具点検の際にラベルもチェックしてみましょう!