2.5世帯って何? ~2.5世帯同居世帯の傾向~

サンホームがお届けする、家づくりお役立ち情報!

今回のテーマは、「2.5世帯同居」についてです。


◇◇◇ これから増える?2.5世帯同居 ◇◇◇



◇2.5世帯住宅って何?

「2.5世帯同居」という言葉を聞いたことはありますか?

2.5世帯同居とは、従来の2世帯でイメージされる親世帯、子世帯に加え、

子世帯の兄弟姉妹に当たる単身者を0.5世帯と考えた同居スタイルです。


大手住宅メーカーの旭化成ホームズが「2.5世帯住宅」を発表したことで、

今注目されている同居スタイルです。


◇2.5世帯がなぜ注目されているのか?

進行する晩婚化、非婚化、離婚率の上昇により、

従来の2世帯住宅の親世帯に当たる60代世帯主の家族では、

「両親2人と単身の子」で暮らす世帯が増加し、

2010年の国勢調査で「夫婦のみ」の世帯を上回ったそうです。


また、経済的な問題や育児の問題から、

多世代同居にメリットを見出す共働きの子世帯も増えています。


こうした家族構成の変化に合わせて生まれたのが、

「2.5世帯同居」という考え方で、世帯別の独立性が高ければ、

経済面などからも満足度が高くなるということです。


◇実際の2.5世帯同居の傾向。


旭化成ホームズの調査によると、2.5世帯の実態はこのような傾向があるそうです。


◆息子夫婦+親世帯+女性単身(息子の姉妹)という組み合わせが多い。

◆親世帯には以前から単身の子が同居しているケースが多く、
別居して賃貸に住んでいた子世帯が加わって2.5世帯になるケースが多い。

◆2.5世帯同居では、玄関が別々の独立二世帯住宅が多く、
夕食を世帯で別に取るなど暮らしの独立性が高い。

◆間取りはキッチンが2つの二世帯住宅で、
同居シングルの個室は親世帯の玄関近くという傾向。


子世帯から見ても、経済的負担の軽減や子育てに対する支援など、

メリットを感じる事が多いという「2.5世帯同居」。

これからますます注目されそうですね。


◇◇◇ POINT ◇◇◇

通常の二世帯同居では、親世帯VS子世帯の独立関係になりがちでしたが、

家族構成が多様化することでコミュニケーションが円滑になるという側面もある!