実際の住宅設備を確認したい ~ショールームでの注意点~

サンクリエイトがお届けする、家づくりお役立ち情報!

今回のテーマは、「ショールームでの注意点」についてです。


◇◇◇ ショールームでキッチンを選ぶ際の注意点 ◇◇◇

新築やリフォームの際、実際の住宅設備をショールームで確認してみたい!と、

思う人は多いですね。

中でもキッチンは、色や素材、設備も様々なので、実物を見て選びたいもの。

今回はショールームでキッチンを選ぶ際の注意点やポイントをご紹介します。


◇高さは靴を脱いでチェック

ショールームでキッチンの高さをチェックする際、

ヒールのある靴を履いていると、ヒールの高さの分誤差が出ます。

必ずスリッパなどに履き替えて高さを見ましょう。

一般的に使いやすいキッチンの高さは、

身長(cm)÷2+5~10(cm)が目安になります。


◇色合いや素材は実物でチェック

ワークトップや扉材など、その素材感や色合いは写真ではなかなか分からないものです。

また、同じ素材でもメーカーごとに特徴が違う場合もあります。

実際の物を見て触れて選びましょう。


◇お手入れ方法をチェック

毎日調理をするキッチンは、特に掃除が大変な場所です。

中でもレンジフードなどは掃除が面倒ですが、

最近はお手入れしやすい商品が多く出ています。

特徴をよく確認しましょう。

また、便利な設備でも、いずれはメンテナンスや修理が必要になります。

故障や老朽化の際の対応などもチェックしておきたいポイントです。


◇予算を考え必要なものを選択

ショールームを見ていると、便利なオプションなど、

つい「あれもこれも欲しい!」と、思いがちです。

本当に必要な設備かどうか、優先順位と予算を考えて冷静に選びましょう。


◇ショールームの雰囲気に惑わされない

ショールームは一般的に広く、天井も高く明るいですね。

ショールームでは小さく見えても家に置いたら思った以上に場所をとったり、

色も暗く見えたりします。

実際に設置する場所の広さや天井の高さ、

壁の色など、よく考えて選びましょう。


◇◇◇ POINT ◇◇◇

住宅は日々進化しています。

多くのショールームでは専門のアドバイザーの方がいますので、

分からないことはどんどん質問して、じっくりと選びましょう。


最近のショールームは、実際の使用感を体感できるコーナーも多く、

工夫がいっぱいされています。

上手に活用しましょう!