デッドスペース ~デッドスペースを生かした収納~

サンクリエイトがお届けする、家づくりお役立ち情報!

今回のテーマは、「デッドスペース」についてです。


家づくりの際、最も頭を悩ませるものの一つが「収納プラン」ですね。

できるだけ多くの収納をつくりたいですが、

限られたスペースの中で確保するのはなかなか難しいものです。


今回は、通常使われないデッドスペースを利用した収納プランと

注意点をご紹介しましょう。


◇床下を利用

キッチンの床下収納はお馴染みですが、キッチンの他にも、

洗面室やリビング、和室向けの収納庫もあります。

バリエーションも豊富で、複数の収納が繋がり、

スライドすることで収納量をアップさせたタイプ
(ただし北国では断熱タイプが主なので、
現状ではスライドタイプは断熱性が乏しいため使用していない)


収納庫が自動で上昇するタイプなどもあります。


床下収納で気をつけたいのは「湿気対策」。

あける頻度が少ない場合は、湿気や匂いを吸収するタイプのものを選ぶと良いでしょう。

床下収納と言うと1階と思いがちですが、

2階にも付けられる浅型タイプのものもあります。

78e0c962de764c55943768b7f6b00c81

畳一枚分が収納になる

床下収納和室用。

◇屋根(小屋)裏を利用!


小屋裏収納やロフトなども代表的な収納スペースです。

物がたくさん置けて便利ですが、高温多湿になりやすいので、

換気窓を付けるなどの対策をすると良いでしょう。


また、屋根裏収納には建築基準法の制約があるので、

きちんと確認したうえでのプランニングが必要です。


◇階段下を利用!

階段下も上手に利用すると使いやすい収納になります。

玄関収納に収まらない小物やゴルフ道具、掃除用具など、

高さのあるものも収納しやすいスペースです。

比較的広めの空間が確保できる場合は、

照明器具を取り付けておくと便利です。


また、室内ではなく屋外に扉を設け、

外用の収納スペースにしても便利です。

青森では外用の収納スペースに「雪かき道具」等を収納すると便利ですね。


◇◇◇ POINT ◇◇◇

この他にも、壁の厚みを利用した本棚や収納棚もあります。

デッドスペースになりがちな場所も、

上手にプランニングすれば使いやすい収納スペースになります!