採光について ~自然光を住まいに取り入れる~

サンクリエイトがお届けする、家づくりお役立ち情報!

今回のテーマは、「採光」についてです。


自然光が多く入る「明るい家」は理想の住まいですよね。

立地などの条件によっては難しい場合もありますが、

工夫次第では太陽の光を効果的に取り入れることができます。

今回は、自然光を効果的に取り入れるポイントをご紹介します。


◇窓の位置、形状を考える

一般的に、窓の位置は高い方が部屋の奥まで光が届くようになり、

部屋全体が明るくなります。

特に、隣家が近かったり、道路に面している場合には、

高い位置に窓を設置することでプライバシーも考慮できます。

また、同じ面積ならば、横長の窓よりも縦長の窓の方が光が良く入ると言われています。

縦長の方が外から見える範囲が狭くなり、

プライバシーの保護にもなります。


◇トップライトを活用する

採光が取れにくい場所や階段の吹き抜け、

北側の部屋にはトップライト(天窓)をつけるという方法もあります。

同じ面積の場合、トップライトは通常の窓の約3倍の採光効果があると言われています。

ただし、夏には直射日光が入り、暑くなりやすいので、

ブラインドをつけるなどの配慮が必要です。

操作方法やメンテナンス方法はしっかり確認して選びましょう。


◇ガラスブロックを利用する

ガラスブロックとは、ガラスでできた中が空洞の箱型の

建築用ガラスのことです。

内部には低圧の空気が封入されているため、

採光・断熱・遮音に優れ、壁・床・天井に用いられます。

通常の窓ガラスのようにダイレクトに光を取り入れるのではなく、

拡散した柔らかい光を室内に取り入れることができるので、

人気が高まっています。

最近では、細長いスリット状の窓や、

丸窓などバリエーションも豊富になっています。


◇ガラススリット入りのドアを利用する

暗くなりがちな玄関ホールや廊下などは、

ガラス入りのドアを選ぶことで採光が確保できます。

ただし、玄関ドアや勝手口ドアは、商品の防犯性や、

安全性もしっかり確認しましょう。


◇◇◇ POINT ◇◇◇

自然の光がたっぷり入る住まいは気持ちが良いですよね!

ただし、夏場などには入りすぎてしまう光を

コントロールすることも必要です。

ブラインドやカーテン、シャッターなどを上手に利用して、

一年中快適な住まいにしたいですね。