失敗しない土地選びのコツ ~旗竿地の注意点~

サンホームがお届けする、家づくりお役立ち情報!

 

今回もお客様からよく聞かれる土地に関するご相談についてです。

 

先日、お客様から、

「希望のエリアに手ごろな土地を見つけたのですが、旗竿地です。

注意しておいた方が良いことはありますか?」とのご相談がありました。

 

旗竿地とは、その名の通り「竿のついた旗」のような形状の土地のことです。

通常、「竿」に当たる部分は通路として利用し、旗に当たる部分に建物を建てるのが一般的です。

 

そのため、建物の配置や玄関の位置などはある程度限定されてしまいます。

希望の間取りが明確に決まっている場合は注意が必要です。

 

反面、土地価格が相場よりも安かったり、建物が道路から見えにくいので、

プライバシーを確保しやすいなどのメリットもあります。

 

また、開口幅によっては、竿の部分を駐車場として利用したり、

通路に沿って花壇を作ったり、石畳を敷いて長いアプローチを生かした演出を楽しむことも可能です。

好きな人にはたまらないスペースになります!

 

冷静にメリット・デメリットを考えてから、購入を検討するようにしましょう。

 

≪メリット・デメリットを考えた今回のポイント≫

1- 建物の間取りなど、ある程度限られる。

2- 価格が相場より安く、プライバシーを確保しやすい。

3- アイデア次第で通路の有効利用も可能。

 

土地建物についてのご相談がありましたら、

サンホームまでご相談ください。