失敗しない土地選びのコツ ~土地の境界線~

サンクリエイトがお届けする、家づくりお役立ち情報!

大好評土地シリーズをお届けします。


【今回のテーマ】


隣人との境界線トラブルが心配。

土地を購入する前に、トラブルを防ぐ策はある?


土地を購入する場合は、隣地との土地境界線に注意を払いましょう。

とくに、古くから存在する住宅地の一区画だけが売りに出されている場合は、

境界位置がはっきりと決まっていない可能性があります。

まずは売主に「現地」にて、隣地や道路との境界位置を明示してもらいましょう。


さらに、「過去に隣家とのトラブルがあったか」

「そのトラブルをどのように解決したのか」も確認します。

隣家とのトラブルが解決していなかった場合は、

土地購入を検討しなおした方が良い場合もあります。

また、購入予定の土地に既存のブロック塀が置かれている場合は、

それが隣地に越境していないかもチェックしましょう。


将来、境界のブロック塀を取り壊し、

新しい塀を作ろうと思った際に隣地の許可が降りず、

新調できない可能性があるためです。

17bddec6660c97093f7d527943ccbd7e


◇◇◇ POINT ◇◇◇


隣地のと境界線は買う前に必ずチェックをする。

1・売主に「現地」にて境界線の位置を明示してもらう。

2・既存の塀が隣地に越境していたら、将来新調できない可能性もある。


土地のことに限らず、住宅ローンなど、家づくりに関することは、

サンクリエイトホームまで何でもご相談ください。