失敗しない土地選びのコツ ~中古付き土地の注意点~

サンクリエイトがお届けする、家づくりお役立ち情報!

大好評土地シリーズをお届けします。


【今回のテーマ】


近隣の土地よりも相場が安い中古付きの土地が気になっています。

もし買うとしたら、気をつけなければならない点は?


物件の築年数が古く中古一戸建てとしては価値がないために、

土地と家をセットで販売する「中古付き土地」というものがあります。

建物がある事で、実際に住んだ時の暮らしがイメージしやすいのが利点。

しかし、「とりあえず買ってから建てればいい」と、

気軽な気持ちで購入するのは危険です。

なぜなら、古家を取り壊す際の解体費用などがかかってくるからです。

また、敷地内に古井戸などがあると、

高額な埋め戻し費用がかかってしまう場合も・・・・。

33097037c9c7017df60f13d237e7c4db

建物の解体だけでなく、土地自体の整地費用にも

十分に予算を見ておく必要があります。

このような土地をお得に購入したいのであれば、

購入時に売主に建物を解体してもらうか、

解体や整地にかかる費用を売買代金から値引きができるかを

交渉してみると良いでしょう。


◇◇◇ POINT ◇◇◇

古家付き土地に新居を建てる際は、

建物の解体以外でかかる費用に注意!


1・すでに建物があるため、実際に住んだ時の暮らしがイメージしやすい。

2・売主に建物の解体費用を負担してもらえるならお得な土地。


土地のことに限らず、住宅ローンなど、家づくりに関することは、

サンクリエイトホームまで何でもご相談ください。