失敗しない土地選びのコツ ~低層住居専用地域~

サンクリエイトがお届けする、家づくりお役立ち情報!

大好評土地シリーズをお届けします。


【今回のテーマ】


高い建物を建てるのが難しい。

「低層住居専用地域」に家を建てる際は

どんな点に注意が必要?


「低層住居専用地域」は建築できる建物の高さに制限がかかっており、

日当たりがある程度確保できるというメリットがあります。

しかし、裏を返せば、自分が家を建てるときにも

隣家の日照などを確保するためのルールに従って設計しなければならないということです。

55c891c90d26490985a3eb8e03daab54
ただ建物の高さを抑えれば良い、と言うわけではなく、

設計によっては家の一部だけを下げなければならない場合も発生します。

なぜなら「道路斜線」や「北側斜線」による制限が発生するからです。

この制限に合わせようとすると、屋根の形状などに工夫が必要な場合も出てきます。

「低層住居専用地域」での建築を検討する際は、

希望する家が建てられるかどうか、

住宅会社に相談したうえで決めるようにしましょう。


◇◇◇ POINT ◇◇◇

日当たりを確保できるが、

希望通りの家を建てられないことも・・・・・。


1・「低層住居専用地域」は建物に高さなどの制限がかかる。

2・設計によっては屋根の一部が下がり建物の見栄えが悪くなる。


土地のことに限らず、住宅ローンなど、家づくりに関することは、

サンクリエイトホームまで何でもご相談ください。