地震保障付き住宅

サンクリエイトホームのつくる家は地震補償付き住宅です!

青森県は、東方沖太平洋岸のプレート境界で発生するプレート境界地震をはじめ、浅い場所や、深い場所で発生する内陸型地震の影響を受けやすい地域です。
過去には、東方沖地震としては昭和43年の「十勝沖地震」M7.9、平成6年の「三陸はるか沖地震」M7.5、 また、日本海沖地震では甚大な被害を引き起こした、昭和58年の「日本海中部地震」M7.7、平成5年の「北海道南西沖地震」M7.8など、 太平洋側と日本海側両方の脅威にさらされています。
地震による被害画像

今後も、そのような大地震に見舞われないという保証はどこにもありません。万が一お客様の建てた住まいが大地震で被害にあわれた場合、 火災保険だけでは補うことはできません。

「青森では地震で建物が崩壊することはないよ!」と思われている方も多いと思いますが、たとえ地震で崩壊しなくても、 地震によって発生した火災で焼失した場合はどうでしょう。 地震が原因で発生した火災は「火災保険」は適用にならないのです。

地震保証付き住宅の特徴

地震保険や共済で地震に備える場合、火災保険や火災共済とセットで加入する必要がありますが、地震補償付き住宅はこれらのご加入有無に関わらず、単独で加入できる地震補償保険です。

単独加入地震保険画像


地震保険や共済での不足に備える

地震保険や共済で地震に備える場合、その補償額は最大で火災保険の50%までしか加入できません。
地震補償付き住宅では、地震保険や共済に追加で加入することで、不足する生活再建費用を補うことができます。

単独加入地震保険画像


二重ローンの回避

二重ローンとは、自宅の住宅ローンなどの未払ローンを抱えていた人が震災に遭い、自宅や生活の再建のためにさらにローンが必要となる事態をいいます。
阪神大震災の際には政府による推計で約15,000名の方が二重ローンの被害にあったと言われています。(大蔵省(当時)による推計)
地震補償住宅はこうした二重ローンの回避にもお役立ていただけます。

二重ローン備え画像


地震補償付き住宅バナー
サンクリエイトホームでは、弊社で建築されたすべての家に地震補償をお付けしています。
詳しくはSBI小額短期保険株式会社のホームページをご覧ください


お問い合わせはこちら