ブログ

いや〜雪が積もりましたね・・・。一気に真冬の景色になりました。
今年の冬は長い冬になりそうです。

さて、今日は青森で遮音性の高い家をつくるには?というお話です。
家づくりをお考えの方、室内の床はフローリングの予定ですか?

おそらく多くの家が畳ではなく、フローリングを選ばれることが多いと思います。
しかし、フローリングも全て同じというわけではありません。

L値の小さい「遮音フローリング」にしてみては如何でしょう。
では、そのL値とは何か。

【L値】
防音を測る指数として、L値と呼ばれるものがあります。
これは音の伝わりにくさを示していて、
上階の床で生じる音が、下の階でどの程度聞こえるのかを測ることができます。
L値が小さいほど遮音性能が高いということになります。

重量床衝撃音】(LH)
重量床衝撃音は子供が飛び跳ねた時に発生するような重くて鈍い音のことです。
これは床板(マンションの場合は主にコンクリート)の厚さや、
梁の位置が音の大小に大きな影響を与えます。

【軽量床衝撃音】(LL)
一方、軽量床衝撃音はスプーンを落とした時に発生するような、
軽くて硬い音のことです。

これは仕上げ材の種類によって音の大小が左右されます。
具体的にイメージしやすいように、
数値を例に挙げてどの程度の音なのかを確認してみましょう。

L−40
(LL)ほとんど聞こえない。(LH)かすかに遠くから聞こえる。
上階でかすかに音がする。気配は感じるが気にならない。

L−50
(LL)聞こえる。(LH)小さく聞こえる。
上階の生活状況が意識される。椅子の引きずり音が聞こえる。

L−60
(LL)発生音がかなり気になる。(LH)よく聞こえる。
上階の生活行為がわかる。スリッパ歩行者がよく聞こえる。

L−70
(LL)かなりうるさい。(LH)うるさい。
落下音はほとんど聞こえる。裸足でも聞こえる。

如何ですか?少しでもイメージしていただけたでしょうか。
防音基準としては、LL−45以下が好ましいとされています。

L値の他に気にしなければいけないのが、スラブの厚さです。
床スラブの梁に囲まれた面積が小さく、
スラブが厚いほど、遮音性能は高くなります。
厚みの基準は200mm以上が好ましいとされています。

防音効果は仕上げ材に大きく左右されると言いましたが、
仕上げ材だけで決まるわけではありません。

実際にはフローリングに記載されている遮音性能より、
ワンランク上の程度のものを選ぶといいでしょう。

騒音問題は近隣トラブルを引き起こしやすい問題です。
特に子供がいる家庭では、注意が必要になります。

新築、リフォームをする際は、家の内側、
家のつくりから防音対策をすることが可能です。
L値を知識として知っておくととても役に立ちますよ!

いよいよ雪が積もりましたね・・・・・。
北国青森の、なが~い冬の始まりです。

雪模様の天気は2~3日続くようなので、
車の運転には気を付けたいですね。

さて、きょうは雪模様の天気を吹っ飛ばす、
おめでたい「お引渡し」の日でした。
b7b16bca1ec966fb95be285fa64642ef

担当の名古屋くんがカギの使い方をご説明して、
いよいよ「お引渡し」です!

新たな生活が始まる、記念すべき瞬間!
お施主様にとっては一番嬉しい瞬間かも知れませんね。

d9498e9f0bc4d9ab62a4b975519f9b09
お施主様こだわりの、市松模様の琉球畳と
間接照明の天井がとてもいい雰囲気の和室空間!
ご家族を癒してくれる空間になってくれるはずです。

これから永いお付き合いになります。
どうぞよろしくお願いします。

きょうは弘前市大久保地区に建築中のお家で「上棟安全祈願祭」
朝方のみぞれ交じりの雨も止んで、無事上棟式を執り行うことができました。

e626a07c1cc0a4d8bf801f24f1868377

冬将軍到来で、お天気が心配でしたが、
なんとか天候にも恵まれました!日頃の行いのせいですかね!


6186a1a52056736e730ff90926581440

ご家族による、”四隅のお清め”も滞りなく終了。

私も「二礼二拍手一礼」のご作法で、
しっかりと神様に工事の無事をお願いしました。

927d57a804363702063f0a13a2677a84
わらじの鼻緒も切って・・・・・これで安心ですね。

お施主様に喜んでいただけるように、
完成まで、もうひと頑張りです。

青森にも初雪が降りましたね・・・いよいよ冬将軍様の登場です。
タイヤ交換は済みましたか?今週末は積雪の予報もでているので、
まだの方は今のうちに交換しておいた方がよさそうですよ。

さて、きょうは新居が完成間近の方へ、
「入居の準備は大丈夫?」のお話です。

憧れのマイホームが完成間近のあなた!
新居への引っ越しを控え、ワクワクが止まらない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、新居に入居するにあたって、
気持ちよく新居での生活がスタートできるように、
最低限必要なものの最終確認をしたいと思います。

まずは「カーテンレール」から
サンクリエイトホームでは、標準で装備されているカーテンレールですが、
一般的には、カーテンやカーテンレールはついていない場合がほとんどです。

入居してから気づいたのでは、
カーテンが付けられるまで、家の中が丸見えになってしまいます。
また、防犯上も良くないですよね。

次に「照明器具」です。
これもサンクリエイトホームでは標準で装備されていますが、
照明器具がオプションとなっていて、ついていない場合もあるので注意が必要です。

電気は通っているのに、照明器具なしでは家中が真っ暗です。
入居までにはそろえておく必要があります。

そして「エアコン」
これも案外見落としがちです。
最近の賃貸住宅などでは、あらかじめ設置されている場合が多くなっていて、
「あるのが当たり前」になっていることから、
つい忘れてしまうことがあるので注意しましょう。

小さいことながら「ゴミ箱」
これがないと本当に不便です。
入居時当初は大きなゴミ袋を使って、大量にゴミを捨てることが多いですが、
ある程度落ち着いて、いざ生活し始めると、
ちょっとしたごみを捨てる場所がないことに気が付きます。

わざわざ、唯一ゴミ箱のあるリビングまで捨てに行くことにもなりかねないので、
あらかじめ部屋ごとに置く分のゴミ箱を用意しておくことをお勧めします。

これも些細なことですが「工具」が意外に役立ちます。
新しい家具の組み立てや、取り付け等々、
なにかと必要になるので、あらかじめ用意しておくことが望ましいです。

最後に「物干し竿」です。
家の内側のことに目がいって、
洗濯物を洗濯機に入れた後のことまで頭が回らなくなったりします。
洗濯物は最後に干すことを忘れないようにしましょうね。

また、住宅会社によっては、網戸もオプションとなっていて、
ついていない場合もあるので、しっかりと確認しておきましょう。

いかがでしたか、すべて揃っていますか?
そして、最後にしていただきたいのは、
自分の生活を頭の中で思い浮かべること
です。

朝起きて、カーテンを開けて、歯磨きをして・・・・
こうして一日の流れを追っていくと、新たな気づきがあるかも知れません。

準備万全なら、あとは新居の完成を待つばかりです。
素敵なマイホームライフをお過ごしくださいね!

先週末開催した、青森市石江地区での完成見学会も、
大盛況のうちに終了しました。
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

さて、きょうは青森の住宅を建てる際、
「こだわるべき内装」についてのお話をしたいと思います。

新築やリフォームをお考えの際、
家の中の内装を、どんな風にするか悩んだりしていませんか?

内装を考えるのは、家づくりの工程の中でも、
特にワクワクするところでもあります。

例えば、全く同じ間取りで同じソファを置くにしても、
壁紙の色、質感、張る面積などで、家の中全体の雰囲気がガラッと変わってきます。

ソファなどのインテリア類は、形の見えるものなので、好みがわかりやすいのですが、
内装材については、どのように選んで良いのか、わからない方も多いと思います。
そこで、今回はそんな家づくりの内装についてご紹介します。

まずは「素材」について!
内装材は大きく分けて、自然素材と合成素材があります。
前者は、木・石・タイル・鉄材などです。

後者は、プラスチック・ポリウレタンなどを原料とした素材があります。
合成素材は、長い時間が経つと汚れなどが目立ってくる場合があるので注意が必要です。

一方自然素材は、時間が経って古くなってきても、
それが”味”となって、程よい風合いを醸し出してくれるのでお勧めです。

また、床や壁で、肌が触れる場所は、触り心地にこだわって、
素材を選らんでみるのも良いかもしれません。

次に「仕上げ材」です。
内装の仕上げ材は、壁、天井をなるべく統一して、種類を少なくすることで、
全体的に無駄が生まれず、費用も抑えられます。

仕上げ材がバラバラだと、それぞれの職人さんが必要になってくるので、
費用もかさみ、工事期間も長引く可能性があります。

そして「量産品仕上げ材」です。
「量産品」と呼ばれる仕上げ材を使うと、より費用を抑えることができます。
「量産品」というのは、大量生産をしてコストを抑えて作られた製品のことです。

色や柄がシンプルなものが多いですが、最近では塗り壁風や、
ペイント風のものなどもあります。

「凝ったデザインのものを使いたい」と思っている方も、
一度、量産品の中から探してみてはいかがでしょうか。
気に入ったものが見つかれば費用を抑えられるので嬉しいですよね!

仕上げ材を統一すると、物足りなさを感じてしまう方も多いと思います。
「費用は安い方が良いけど、もう少し手を加えたい!」と言う方には、
部分的に高級な素材を使用してみてはいかがでしょうか。

量産品にはない、より凝ったデザインのものや、
輸入品などから選ぶのも良いでしょう!

また、部屋の一角を違う色やデザインにすると、
部屋を広く見せる効果もあるのでお勧めです。

いかがでしたでしょうか。
内装にこだわりつくして、満足のいく家づくりをしてくださいね!