ブログ

前回までは「後悔しない青森の住宅を建てる」と題して、
数回にわたってお話をしてきました。

今回からは「リフォームするときの注意点」についてのお話をしたいと思います。

家に長く住んでいると「そろそろ設備のリフォームをしようかな?」と、
考えている方も多いと思います。

その中でも、水回りは生活の質と密着にかかわっているので、
リフォームすることでより快適な暮らしを実現することができます。

そこで、今回は水回りの中でもキッチンに焦点を当てて
リフォームする際の注意点をお話ししていきたいと思います。

まずは、収納スペースの確保です。
リフォームする際に、最低でもリフォーム前に収納されていたもの、
全てが入る分の収納スペースは確保するようにしましょう

せっかくリフォームしたのに、収納しきれないのでは本末転倒です。
その際、調理道具で現在使っているものと使っていないものを区別しておきましょう。

1年以上使っていないものがあれば「捨てる」と言う選択肢もあります。
1年使っていなかったら、これからも使わない可能性が高いからです。

次に、「使いやすさ」です。
キッチンでの理想的な動線を作るには、
「水回り」「コンロなどの火回り」「冷蔵庫」の3つを結ぶ、
”ワークトライアングル”が適当な距離だと、とても作業効率が上がります。

具体的には、3辺の長さの合計が、「3.6mの範囲内」だと、
作業効率が上がると言われています。

各辺の長さが長すぎると無駄な動きが多くなり、疲れてしまいますし、
反対に短すぎると調理や配膳のスペースが不足しがちになり、
作業効率が下がってしまいます。

キッチンリフォームをする際は、ワークトライアングルに注意してリフォームしましょう。

最後に、最も重要な「価格」についてす。
キッチンリフォームをする際に「最新のシステムキッチンがいい」と考える方もいると思います。
でも、少し待ってください、本当にそのキッチンが必要ですか?

システムキッチンは価格に大きな幅があり、
20万円台のものから、高いものでは100万円を軽く超えるものまであります。

また、システムキッチン本体の価格以外に、
それを取り付けるための「施工費」も別にかかるので注意が必要です。

自分たちには何の機能が必要なのか?
何を重視してキッチンの種類を決めるのか・・・等々、
あらかじめ考えたうえでキッチンのリフォームを行うのが賢い方法です。

いかがでしたでしょうか。
キッチンリフォームでは特に「収納スペースの確保」と「使いやすさ」
焦点を当てて考える必要があることをお話ししました。

このバランスをしっかりと考えて、
自分たちの生活に合ったキッチンリフォームをするようにしましょう!

きょうは台風一過ですね・・・。
かのリンゴ台風と同じコースを辿っているというこで、
かなり心配したのですが、なんとか無事過ぎ去ってくれました。

今回の台風もあちこちに爪痕を残していったようですが、
被害にあわれた地域の一日も早い復旧を願うばかりです。

さて、弘前の友人から「一度食べてみた方がいいよ」と、
ラーメン屋さんを紹介されていたのですが、

なかなか行く機会がなく、半分あきらめていたのですが、
先日、ようやく行くことができました!

7e72ca30dfef4f32a6ec8dda162c2021
弘前バイパス沿いにある「支那そば おぐら」

ここの「支那そば」は、私好みのあっさり醤油ということで、
かなり期待しておりました(笑)

6727bab29645e361e9bfd3bd4e44be31
思った通りのシンプルなラーメン!
やはりラーメンはシンプルに「昔ながらの醤油ラーメン」ですよね・・・!

ここに来たら、絶対に「焼きめし」を食べた方が良いよ!と、言われていたので、
迷わず焼きめしの小をセットで注文(笑)

チャーハンではなく”焼きめし”っていいですよね・・・!

ee2ebf61f90c9506ec79169a48214c43
昔懐かしい雰囲気のお店で、
昔懐かしい支那そばを食べる・・・いいですね~!

味は、やはり昔ながらのコクのある、私好みの支那そばでした。
友人お勧めの「焼きめし」これも美味しかったです!

また、近くに来たらぜひ食べに来たい支那そばでした。

台風がやってきますね。
青森県を通過するようです・・・心配ですね。
この仕事をしていると、天気には敏感になってしまいます。

さて、きょうは「後悔しない青森の住宅を建てるその4」です!
前回のお話をまだ見ていない方は、コチラからご覧ください。

前回は、動線と照明についてお話ししました。
今回も引き続き、「失敗しない青森の住宅を建てる」ための
チェックポイントをお話をしたいと思います。

まずは「屋外設備について」です。
家づくりで屋外の空間については、あまりよく考えなかったり、
逆に、しっかりと考えたのに活用しなかった等と言うことがよくあります。

例えば広々としたバルコニーを作ったのに、ほとんど活用しなかったり、
反対にサイズが小さすぎて使えずに、デッドスペースになってしまったり・・・。

実際に、そのスペースを使うのか、使いやすさはどうなのか?ということを、
しっかりと考えたうえでつくる必要があります。

次に、「外壁について」です。
外壁は、工事がすべて終わった後に、
「思い描いていたイメージと違う・・・」と後悔することがあります。

これは、光の当たり方や「面積効果」
(面積が大きくなるほど色の明度や彩度が上がること)
の影響を受けやすくなるからです。

室内でサンプルを見るだけではなく、実際に光をサンプルにあててみたり、
大きめのサンプルで色を確認してみたりして、
完成後の色の印象に近づける努力をする必要があります。

最後に「地震に対する強さ」についてです。
日本はご存知の通り地震の多い国です。
そのため、耐震性能の高い家に住むことは大切なことです。

また、耐震性能が高いことの他にも、
制震や免震を施すことによって、大切な命を大地震から守ることができます。

制震とは「地震のエネルギーを吸収し、揺れを制御する仕組み」のことです。
壁内に制震パネルを組み込むことによって地震の揺れを制御します。

制震では地震による揺れの体感は変わりませんが、
「建物の変形を抑えたり、損傷を小さく抑えたり」することができます。

免震とは、「地震の揺れそのものを小さくする仕組み」のことです。
建物と基礎の間に免震装置を設置することで、
地震の揺れを受け流すことができます。

揺れそのものを伝わりにくくするので、
建物や人にもメリットがある一方で、多くのお金がかかることや、
建物が動くためのスペースを少し広めにとらなければならないデメリットも生じます。

いずれにしても、免震構造や制震構造など、
多くのコストがかかることでもあるので、
それぞれの特徴をを加味したうえで、地震対策をするのが良い方法です。

また、これらの工法を取り入れたからと言って、
大地震がきても、普通に生活ができると言うことではなく、

建物が崩壊して、建物の下敷きになったり、
崩壊することによって非難するための通路が塞がれたりしないためのものだと、
理解しておくことが大切です。

いかがでしたでしょうか。
屋外設備や外壁は、生活には直接かかわることは少ないかもしれません。
だからと言って、適当に決めてしまうと後々後悔することになります。

また、地震に強い家は、それだけ安心感を与えてくれます。
これらを参考にして、ぜひ後悔しない青森の住宅を建てるようにしましょう。

台風が来てますね・・・。
青森県を通過する予報が出ているので、
備えだけはしておきましょうね。

さて、先ほど現場廻りをしていたところ、
面白いものを発見しました。

73afc3075203675607021ab3cafad8ff

一世を風靡したピコ太郎が
巨大な案山子になって登場!

毎年この時期になると、カカシロードに巨大な案山子が出現するのですが、
今年のメイン案山子は「ピコ太郎」のようです。

なにせ、社会現象にまでなった「PPAP」
青森市出身となれば、それは案山子にもなりますよね(笑)

”ねぶた”のような作りになっているんでしょうか、
うまく特徴をつかんで、なかなかの出来栄えです。

興味のある方は、一度見てみてはいかがでしょうか。
青森市から蟹田方面へ向かう「内真部バイパス」沿い、
野木和公園近くで「ペンパイナッポーアッポーペン」やってます。

秋晴れが続いていますね。
夏の疲れが出てくる頃ですが、体調には気を付けたいですね。

きょうは、前回に続き、後悔しない青森の住宅についてお話ししたいと思います。
前回のお話をまだ見ていない方は、コチラからご覧ください。

前回は窓の配置や音についてのお話でした。
今回のポイントは「動線」についてです。

動線とは「家の中での人の動きを表す線」のことを言います。
家事動線や、生活動線が長いと日常生活での無駄な移動が多くなってしまいます。

1・寝室からトイレまでが遠い
2階建てでトイレが一階にしかなく、寝室が二階の場合、
トイレに行くまでの動線が長くなってしまいます。

夜起きてトイレに行く回数が多くなると、とても不便に感じるようになるかもしれません。

2・勝手口がないため、ゴミ出しが大変

キッチンで出たゴミをすぐに捨てたいのに、勝手口がないため、
ゴミ捨て場までの動線が長くなってしまう。

3・子供たちが帰ったら、そのまま自分たちの部屋に行けてしまう
子供たちが、挨拶をすることなく自分たちの部屋に行ってしまうと、
家族のコミュニケーションが取れませんよね。

しかし、それを解決するために階段をリビングにつなげると、
空間が広くなってしまい、空気が逃げやすく光熱費が高くなるといった
デメリットも発生してしまいます。

これらの外にも、様々な動線の問題がありますが、すべてを解決するのは難しいです。
なぜなら、一つの動線をよくすると、ほかの動線が長くなることがあるからです。

まずは動線の中での優先順位をしっかりと考えて、
後悔しない間取りをつくるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
動線は長いと生活している中でストレスを感じることがあります。
日常生活におけるストレスはできるだけ省きたいですよね。

そのためには、優先順位をつけて、
一日に何回も通る通路から動線を考えてみるのが良い方法です。