太陽光発電ってなに?~オール電化住宅~

梅雨入りを控えたこの時期ですが、良いお天気が続いていますね。

しばらくは良い天気が続く予報が出ているので、

青森の梅雨入りはもう少し先になりそうですね。


さて、以前から「オール電化住宅」についてお話しておりますが、

今回は「太陽光発電」についてお話したいと思いますので、しばしお付き合いを!

前回はオール電化住宅の魅力の一つ「エコキュート」についてお話ししました。

前回のお話をまだご覧になっていない方はこちらを先にご覧ください。


太陽光発電とは?

太陽光発電は、これまでに紹介した「IHクッキングヒーター」、「エコキュート」よりも

聞きなれていて、馴染みがあるのではないでしょうか。

いわゆる太陽光発電とは

「自然光である太陽の光を利用して発電する装置」のことです。


では、具体的にどのようなメリットがあるのかというと、

まずひとつ目は「電気代がかからない」ということです。

昼間に発電した電気を家で使う電気として使用できるため、

太陽光で十分なエネルギーを蓄えることさえできれば、

一切電気代を払わずに済むわけです。

これはすごく魅力的ですよね!

2772f14d15c40a0faf3287307951f81d
ふたつ目のメリットは、なにしろ「環境にやさしい」ということです。

太陽の光を利用しているので、発電時にオゾン層の破壊につながる

CO2を排出することがありません。

そのため、太陽光発電は地球にとって素晴らしい装置と言えます。


そして、最後のメリットとして、「余った電気を売却することが可能」ということです。

個人で余った電気を電力会社に売却することができるのでとってもお得です。

電気代がかかるどころか、むしろお金を生み出してしまう太陽光は、

ものすごく魅力的に感じられますよね。


ただ、太陽光発電にも注意する点はあります。

まずは、「天気によって発電量が左右される」ことです。

太陽が出にくい季節や時期はどうしても発電量が少なくなってしまいます。


特に豪雪地帯の青森市にあっては、

太陽光発電のメリットが少なくなるのは仕方がない部分でもあります。

そのため、設置する地域によってはメリットとデメリットをしっかりと見極めることが大事です。

高額な費用をかけて設置しても、雪に覆われてほとんど発電ができない・・・・・

なんてことになったら大変です。


でも、万が一発電量が足りなくなった場合でも心配する必要はありません。

電力会社からの電力を通常通り利用することができるので安心です。


次に「周囲の状況に注意する必要」があります。

もし太陽光発電を家に設置した際、

他の建物や高木などによって日光が遮られた場合は、

十分な発電をする事ができません。

設置した際には周囲に何もなくても、設置後に環境が変化する場合もあります。

なので、太陽光発電の設置を計画する際は、


しっかりと「周囲の環境を考慮して設置する」ようにしましょうね。


いかがでしたでしょうか。

今回はオール電化住宅の魅力の一つである、太陽光発電についてのお話でした。

数回にわたってオール電化住宅についてのお話をしてきましたが、

今回でオール電化住宅についてのお話はおしまいです。

家を建てようとお考えの方は、これまでのお話を参考にして、

よりよりオール電化住宅を検討してくださいね。