家づくりの正しいプランニングについて

このところ初夏の陽気が続いていたお天気ですが、

さすがに”お天道様”も息切れを起こしたのか、

きょうは曇りがちのお天気になりましたね。


この時期、天気が良いと気分も良いですよね。

暑くもなく寒くもなく、仕事にも遊びにも絶好の季節。

梅雨入り前の貴重な晴れの日を十分に活用したいですね。


さて、きょうは家づくりをお考えの方のために、

”正しいプランニング(間取り)について
のお話をしようと思います。


注文住宅を建てる際に、まず初めにしなければならないことが、

「プランニング」いわゆる間取り計画です。

家づくりで成功した人の多くは、このプランニングに力を入れています。

反対に家づくりで後悔する人の多くは、

プランニングにあまり力を入れていない傾向があると言われています。


それでは、家づくりを進めて行く上で重要となるプランニングについて、

詳しく説明していきたいと思います。


まず第一に、コミュニケーションを大切にすこと!

自分がどのような要望を抱いていても、

それをしっかりと施工業者に伝えなければ意味がありません。

コミュニケーションをないがしろにしてしまうと、

「思っていたのと全然違う家になってしまった・・・・」と言うことにもなりかねません。

まずは、しっかりとコミュニケーションをとってくれる業者を選ぶことが大切です。

DSC09490
次に、「何を優先するのかを決めておく!」これ大事です!

家づくりでほとんどの人が予算オーバーを経験してしまいます。

なぜかと言うと、自分の意思をすべて反映させようとするからです。

潤沢に予算がある方であれば良いですが、

予算がある程度決まっている方では、全ての要望を取り入れることは難しいのが通常です。


最初から全てを実現することは難しいと考えて、

「何を優先すべきかをしっかりと決めておく」必要があります。

できれば、設計前に「優先順位リスト」を作っておくのが良い方法です。

まずは、簡単に取り入れたい要素を書き出します。

全部書き終えたら、それら一つずつに優先順位をつけて行けば、

これで、優先順位リストの完成です。

もし予算で立ち止まってしまった時には、その優先順位リストを基に、

「優先順位の低いものから妥協していく」のが良い方法です。


これは、自分の意見だけで考えるのではなく、

家族全員の意見を取り入れてみるのがいいです。

自分だけで決めてしまっては家族にとって不満のある家になってしまうかもしれません。

優先順位リストを作る際は、しっかりと家族の話を聞いて、

みんなが幸せになれるような家づくりを目指すのが最高です!


いかがでしたでしょうか?

家づくりでは、プランニングが非常に重要だと言うことを理解していただけたでしょうか。

次の機会には、もう少し踏み込んだプランニングのお話ができればと思っています。

楽しみにお待ちくださいね。