二世帯住宅をお考えの方必見!二世帯住宅のメリット・デメリット

弘前市で開催した完成見学会ですが、
おかげ様で大好評のうちに終了しました。
ご来場された皆様には、本当にありがとうございました。

さて、ここ数年、
二世帯住宅の建築やリフォームが増加している傾向にあると言われています。
背景として、両親の高齢化や家の老朽化、
不動産取得税や固定資産税などの税金対策等が考えられます。

今回は「二世帯住宅のメリットとデメリット」
についてお話したいと思います。

まず、メリットとしては「二世帯で協力し合える」
ことが最大のメリットではないでしょうか。
普段の家事もそうですし、子育てや介護などは人の手が必要なため、
二世帯同居によって解決できる側面があります。

子供を親世帯に任せて外出することも可能ですし、
近くにいることで親の体調の変化にも気づきやすいというように、
お互いが近くにいることで発生するメリットは想像以上に大きいですよね。

その他「経済的なメリット」も大きく影響します。
二世帯にすることで、親世帯と子世帯両方に経済的なメリットが発生します。

まず、住宅を建てる際の資金が少なくて済むと言うこと。
と、言うのも、多くが親世帯の所有する土地に建てることになるので、
土地を取得する費用をかけずに済みます。

また、親世帯の家をリフォームするとなれば、
リフォーム代のみに資金を回すことができます。

加えて、生活の場が重なることから、エネルギー消費を減らすことができ、
生活費の節約やエコにもつながります。

良いことだらけのように感じる二世帯住宅ですが、当然デメリットもあります。
まずは「価値観の違いによる衝突」です。

家族であっても同居すればライフスタイルの違いや、
価値観の違いというものが顕在化してきます。

よくあるのが、掃除や整頓の仕方、食事といったものが多いようです。
そういった日常生活の中にストレスを感じるようになると、
どうしても衝突が起きやすくなってしまいますよね。

また、睡眠時間や食事の時間といったライフスタイルに違いが出るのは、
世代が違えば仕方がないことです。

そのすり合わせの難しさは二世帯住宅のデメリットと言えます。

いかがでしたでしょうか。
二世帯住宅には、先述したようなメリット・デメリットがあります。
今回あげたデメリットを解決するには、
二世帯間のコミュニケーションが必須
です。

そのうえで、どのようにするのが適切かを考えて、
ルールを設定するのが良い方法だと思います。

そして、それはトラブルが起きる前、
即ち二世帯住宅を建てる前にある程度決めておくべきだと言うことを、
しっかりと認識しておくことが大切ですね。