青織の住宅 太陽光発電のデメリット

秋が深まってきました。
朝晩がだいぶ寒くなってきましたが、
この時期、体調を崩さないように注意したいですね。

さて、きょうは「太陽光発電のデメリット」についてお話ししたいと思います。
前回は太陽光発電のメリットについてお話ししましたが、
太陽光発電にも、デメリットはあります。

まずは、初期費用が高いことが挙げられます。
太陽光発電のパネルを設置した場合、
補助金などにもよりますが、約200万円は必要になります。

ただでさえ住宅建設にお金がかかるのに、
さらにここでお金をかけるのは厳しいという方も多いと思います。

太陽光発電にかけた費用は、十数年後に回収することは可能ですが、
太陽光パネル取り付け時の経済状況と相談して決める必要があります。

次に、「災害時に壊れる可能性がある」ことです。
太陽光パネルは強い風に耐えられるように設計されていますが、
強風などで物が飛んできて、ぶつかってしまう可能性もあります。

また、パネル以外にも、電気を流す線が断裂することもあります。
保証期間内であれば無償の交換も考えられますが、
保証期間を過ぎると、すべて有償での交換となります。

そして、「雨漏りのリスク」です。
これは、屋根の防水加工を、パネル設置時に誤って破ってしまうことが原因で発生します。
そのようなミスをした時の保険に加入している施工業者に頼むことが無難です。

最後に、「積雪による発電量の低下」です。
これは、青森市では深刻な問題になります。

雨や曇りの日と違って、雪が積もってしまうと、
発電量はゼロになってしまいます。

雪がやんだら、屋根に積もっている雪を下す必要があります。
パネル自体は積雪50センチまで耐えられるように作られていますが、
不安な場合は、補強材をいれることで、さらに多くの積雪に耐えられるようになります。

いかがでしたでしょうか。
太陽光発電は良いことだらけと思いがちですが、
設置する際のデメリットもたくさんあります。

特に雪国青森では、積雪時の発電ゼロと、
雪の除去について、しっかりと検討しておかないと、
後々後悔することになりかねません。

いずれにしても、初期費用がかさんでしまうことは事実なので、
太陽光パネルの設置を考えている方は、今現在どの程度の予算があるのか、
どのくらいの費用が必要になってくるのか、よく考えたうえで設置を検討しましょう。