青森の住宅にはビルトインガレージが良い?

きょうは青森の住宅で、ビルトインガレージについてのお話です!

せっかく住宅を建てるなら、ビルトインガレージはいかがでしょう。
ビルトインガレージとは、駐車場と住まいが一体化している家づくりのことです。

ビルトインガレージのメリットは、
何を置いても「大切な愛車を守ってくれる」ことですよね。
車の状態は、走行中もそうですが、保存場所と管理状況にも大きく影響します。

ビルトインガレージの場合、ガレージ自体が一つの部屋なので、
雨や風をしのぐことができます。
また、台風のように風雨が激しいときでも、愛車を傷つけることがありません。

特に雪国青森では、冬の厳しい寒さや、降雪などで、
大切な車が傷んでしまう場合が多くあるので、
青森の住宅では、ビルトインガレージとの相性が良いかもしれませんね。

そして、車好きの方にとってはたまらない、
「家の中で愛車を愛でることができる」ことです。

ガレージの室内側に、大きなガラス窓を設ければ、
リビングでくつろいでいる時など、いつでも愛車を鑑賞することができます。

そして、「防犯にも有効」です。
大切な愛車を悪戯や盗難から守ってくれます。
また、外から車の有無を確認できないため、プライバシーも守ることができます。

さらに、冬用のタイヤやメンテナンス用の工具置き場など、
倉庫の役割も果たしてくれます。

良いことだらけのビルトインガレージですが、当然デメリットもあります。
まずデメリットとして挙げられるのは「耐震性」です。

ビルトインガレージでは、車を入れるために間口を広くとる必要があるので、
家全体の壁と開口部のバランスが悪くなるためです。

そのため、従来はガレージを設置する1階部分に、
地震に強い鉄筋コンクリート構造(RC造)を用いることで工夫したりしていました。

近年では、耐震住宅が大幅な性能の向上を遂げているので、
木造建築でも間口を大きくとっても地震に強い家が実現しています。

そして、「におい」もデメリットの一つとして挙げられます。
車から発生する独特のにおいが気になる場合があります。
一般住宅用の排気システムや、ファンを利用して対策をとる必要があります。

次に、「騒音」の問題も発生します。
建物の中でエンジンをかけることになるので、かなりの音と振動が発生します。

外ではそれほどうるさく感じないエンジン音も、
室内でエンジンをかけると凄い音になります。
ガレージの上階にも振動がいくことがあるので注意が必要です。

そして何より「十分な広さが必要」となることです。
車専用のリビングルームをつくるのと同じことなので、
それ相応の広さが必要になります。

自分の生活空間を削ってまで、車を優先すると、
後で後悔することにもなりかねないので、注意が必要です。

また、車を降りた時のリビングまでの動線(通路)を
しっかりと確保しておく必要があります。

通路があまりに狭すぎると、車から降りることにすら苦労しますし、
それが毎回続くとなると、出かけることすら面倒になってしまいます。
これではビルトインガレージを作っても本末転倒になってしまいますよね。

いかがでしたでしょうか。
ビルトインガレージには、それぞれメリット、デメリットがありますが、
車好きの方には、たまらない空間でもあります。

また、青森の住宅では、雪対策にもなるため、
興味のある方は、検討してみてはいかがでしょか。