エコキュートってなに?

このところ雨模様の寒い日が続いていましたが、

ここへ来てようやく初夏らしい天気になりましたね!

ただ、この天気も長くは続かないようです。

今年の6月は雨模様の多い月になるんでしょうか・・・・・。



さて、前回のIHクッキングヒーターに続いて、

オール電化住宅についてのお話第3弾です!


今回はオール電化の魅力の一つ、

「エコキュート」についてご紹介したいと思います。

前回の記事をまだ見ていない方はこちらをご覧ください。


さて、エコキュートとはなにか?

エコキュートもオール電化住宅を代表する特徴の一つです。

どのようなものかと言うと、再生エネルギーである空気の熱を利用して、

多くの熱エネルギーを得ることのできる”超省エネな給湯機”のことを言います。


エコキュートの仕組みをもっと詳しく説明すると、

「ヒートポンプ技術」というものを利用して効率的にお湯をつくりだしているものです。

ヒートポンプ技術とは、熱を移動させる技術のことで、

空気に含まれる熱をくみ上げて、給湯に必要な熱をつくりだすものです。

空気は圧縮すると熱を持つ性質を利用したものに近いでしょうか。

d3978bba8a8008ac4f579ddcf40d1cdf

コロナ製エコキュートユニット


エコキュートの仕組み



このエコキュートはどのようなメリットがあるかと言うと、

まずひとつは「環境にやさしい」ということです。

自然界にある二酸化炭素(自然冷媒CO2)を使用するので、

最近よく言われているオゾン層の破壊や温暖化ガス排出の抑制にもつながります。

つまり、”地球温暖化を食い止める”ことに貢献できるということです。

せっかく住むなら「環境にやさしい家に住みたい」と思っている方も多いですよね!


2つ目のメリットは「光熱費を大きく節約」できることです。

実は昼間より夜間の電力は割安です。

そのため、ヒートポンプ技術と組み合わせることで、

夜間にお湯をためて光熱費を節約することが可能になります。


最後に電気の消費量として、

エコキュートの場合は、大気中の熱を利用しているため、

本来お湯を沸かす電気エネルギーの場合と比べて、

およそ3分の1にまで削減できると言われています。

なのでエコキュートとは、ただ環境にやさしいだけでなく、

省エネ効果が高い”ハイスペック給湯器”と言えます。

3b2c4f07d262556fc3b4e9d4f10b124e

コロナ製エコキュートユニット


家族構成や使用する人数などによって

給湯タンクの容量を選びます

エコキュートの注意点として、給湯タンクの容量を正しく選択する必要があります。

大きすぎるとエネルギーが無駄になってしまい、

逆に小さすぎるとエコキュートは機能しません。

家族やライフスタイルに合わせて適切な容量を選ばなければ、

エネルギーを効率的に使えない可能性があります。

導入の際はしっかりと話し合い、自分たちにあったものを選ぶように心がけましょうね。


いかがでしたでしょうか。

今回はオール電化の魅力の一つであるエコキュートについてのお話でした。

まだまだオール電化の魅力や特徴があるので、

引き続きご紹介していきたいと思っています。

では、次回の「オール電化のお話」も楽しみに!