オール電化住宅とは?

先週末、我が家の子供たちが通う小学校で、運動会が開催されたのですが、

あいにくの雨模様で途中で中止になってしまいました・・・・・。

運動会が終わった途端に快晴・・・・って、なんだかな~・・・って感じですが、

子供たちにとっては雨の運動会として記憶に残ることになるんでしょうね。


さて、いつもラーメンの話題ばかりでは何なので、

ここらで「家づくりに役立つお話でも!」ということで、


今回はオール電化についてのお話です

まずは、オール電化住宅についての基本の基本から、


家を建てる際に考えなければならないことの一つに、

「オール電化住宅」にするか「ガス併用住宅」にするか、がありますよね。


みなさんはオール電化住宅のことを具体的に知っていますか?

「聞いたことはあるけど具体的には知らない・・・」と言う方も多いのではないでしょうか。

実は、オール電化住宅は、とても魅力の詰まったお家なんです。


では、オール電化住宅とは?

最近では自然エネルギーを利用した商品が増えてきています。

電気自動車や太陽光発電などが有名ですよね。

こうした地球にやさしいエコロジーな技術が注目されていく中で考えだされたのが、

「オール電化住宅」です。


オール電化住宅とはその名の通り、

「電気で家中の全てのエネルギーをまかなう住宅」のことを言います。

もっと詳しく言うと、キッチン、給湯、空調などの熱源の全てを電気でまかなうことです。


例えばキッチンの場合、ガスではなく電気を利用して調理ができる

「IHクッキングヒーター」が採用されます。
2335c08c33f907d4639dfce95c1aa7c3
給湯に関して言えば「エコキュート」と呼ばれる空気中の熱を利用して

お湯を沸かす技術が使われています。


他にも太陽光発電(住宅用ソーラー発電システム)を利用して

太陽光を吸収して直接電気に変えるエネルギー変換器を設置したりします。

(これらについては今後機会を見てひとつづつ説明していきますのでお楽しみに)


これらの技術を取り入れるおかげで、

オール電化住宅は光熱費のなかでもほとんどを占める

お湯や暖房のコストを、最小限に抑えることができます。


つまり地球にやさしいというメリットの他にも、

コストがかからないという魅力的なメリットがあると言えます。


また、オール電化は火を使わないので、

火事が起こりにくいというメリットもあります。

最近は高齢化によりお年寄りの数が急激に増えてきています。

認知症やアルツハイマーの患者数も比例して増えてきているのが現状です。

そのため火を簡単に使える状態にしておくのはとても危険です。


万が一火災が起きてしまったら・・・・・

その場に高齢者しかいなかったら・・・・・怖いですよね。

オール電化住宅ならそのような心配をせずにいられます。


いかがでしたでしょうか。

今回はオール電化住宅の基本中の基本のお話でした。

今後はオール電化住宅の特徴を、さらに詳しくお話していく予定ですのでお楽しみに!


また、ホームページの「家づくりお役立ち情報」でも、

家づくりや土地についてのお役立ち情報を公開しているので、

そちらも併せてご覧くださいね。