社長ブログ

家の前の草むらから、虫の声が聞こえ始めました。
もう秋なんですね・・・・。
青森の夏はアッという間に過ぎていきますね。

さて、きょうは「家を建てる際に考えるべきポイント」について、
前回に続き第3弾をお話ししようと思います。

前回のお話をまだ見ていない方は、先にご覧いただくことをお勧めします。
前回のお話はコチラからご覧ください。

前回までのお話では、家づくりでは、
部屋の広さやバルコニーなど、大きな部分だけではなく、
収納やコンセントなどの細かい部分も考えておく必要があることをお話ししました。

あらかじめ考えておくことで、
実際に暮らし始めた時に「こうしておけばよかった」とか、
「こっちよりあっちの方がよかったかな?」などと思うことが少なくなります。

この他にも目には見えにくい空間全体としても考えることが必要です。
今回は”明るさや音”など、目には見えにくい「空間デザイン」について
失敗しないためのポイントをお話ししたいと思います。

まず最初に、「明るさ」についてですが、
「家の中の明るさ」と言うのは、
実際に生活してみるととても気になるポイントです。

明るさを左右するのは、家の中に入る光の入り方です。
光の入り方は窓の大きさ、家の周りの建物の環境、
季節といった要素に左右されます。

また、家の中の位置によっても変わってきます。
玄関は真っ暗だが、リビングは眩しすぎる・・・ということはよくあることです。

様々な要素を想定しなければならない光の入り方に関しては、
設計士とよく話をすることが必要になります。

時間や季節、そもそも家族が家にいる時間はいつなのか?
寝室をどこにするのか?など、総合的に考えるべきことなので、
専門の方の力を借りることが一番良い方法です。

次に「音について」ですが、
実際に生活してみないとわからないのが、音の伝わり方です。

話し声や足音、洗濯機の音、また外からの音といった騒音は、
日常生活においてはストレスの原因になります。

また家の外に道路がある場合、寝室を道路側にしてしまうと、
車の音が眠りの妨げになってしまいます。

また、階が違っても音は伝わるものなので、
音の発生源はどこなのかを考えたうえで、
部屋の配置を考えなくてはなりません。

最後に「視線」についてです。
図面上では見落としてしまいがちなのが、視線の問題です。

例えば、玄関を開けるとすぐにリビングで、お客様が来たときに気になってしまう・・・
窓が大きすぎて外からの視線が気になってしまう・・・などが挙げられます。

また、隣の家からの視線が気になるというのもよくあることです。
なので、実際にドアを開けたらどう見えるのか、
窓の外がどのような状態なのかを想定するようにしましょう。

これまで、3回にわたって、
「注文住宅を建てる際に考えるべきポイント」についてお話してきました。

お話ししてきたように、
注文住宅を建てる際に考えるべきポイントと言うのは、沢山あります。

また、青森の住宅では、この他に雪の問題なども考える必要があります。

ただ、それらすべてを自分だけで考えるというのは難しいと思います。
やはり専門の方に相談することが一番良い方法です。

信頼できる設計士の方と一緒に考えていくことが、
失敗しない家づくりへ向けた第一歩になるはずです。

お盆も終わって、朝晩がだいぶ涼しくなりましたね。
寝やすくなったせいか、朝寝坊気味のわたくしです(笑)

さて、明日から2日間に渡って、
青森市篠田地区で「冷暖システム体験見学会」を開催します。

「ヒートポンプ式輻射冷暖房システム」と、
なにやらやたら長い名称ですが・・・・。

空気を汚さない、クリーンで自然な冷暖房システムのことです。
エアコンの風でチリやホコリなどを巻き上げたりするのが嫌だ・・・・とか、
アトピーの方などは、ぜひ体感してほしいシステムです。

DSC05971

ヒートポンプ式輻射冷暖房システム

ピンクの部分が冷暖房を行います。


また、土地探し相談会や、
資金計画相談会なども同時に開催しますので、
ぜひ足を運んでみてください。

詳しくは、サンクリエイトホームのホームページ
イベント案内をご覧ください。

皆様のお越しをお待ちしております。

お盆も終わり、明日が仕事始めの方も多いのではないでしょうか。
サンクリエイトも明日から通常の営業に戻ります。

休みが続くと、休み癖がついてしまい、
仕事モードにスイッチするのが大変なんですよね・・・。

今夜は明日に備えて、早めに寝るのが一番。
私も、早めに寝ることにします(笑)

ところで、皆さんはお休み中どこかへ出かけられましたか?
毎年のこととはいえ、お盆休みはどこへ行っても渋滞と混雑で大変ですよね。

私は、子供たちを連れて「岩木山」へ行ってきました。
ただ岩木山へ行ったのではないんですよ!

なんと「岩木山登山」をしてきたんです。
子供たちの夏休み体験の一環として、
登山の体験をさせるのも良いかな・・・と!

うちの長男が、テレビで山登りの番組を見て、
「ぜひ登山をしてみたい」と、熱いリクエストもあってのことですが・・・・・。

b27a04dda3d4d0b434b9d07f05cd107e


登山と言っても岩木スカイラインで8合目まで行って、
さらにリフトで9合目の鳥海山へ、
そこからの登山なので、純粋に登山するのは残り1合目なんですが・・・・

と、軽い気分の子供たち!

ところが頂上付近は岩木山の名のごとく、
急斜面に大きな岩がゴロゴロしていて、結構登るのが大変なんです。

私は、過去に3回ほど登ったことがあったので、
その大変さを知っていたのですが、子供たちはほとんどピクニック気分での出発です(笑)

b35468011950b16f664118c462cc12d1


案の定、その険しさに途中で音を上げていました(笑)

私も30年ぶりくらいで岩木山に登りましたが、結構きびしい山登りでした。
歳のせいか体力の衰えに・・・・・・。

5916a7701f30a51f143574e898892018

山頂では、しっかりとお参りをして、楽しみにしていた「おにぎり」を食べて・・・・
苦労して登った後に食べる”おにぎり”は本当に美味しいんですよね!
苦労が報われる瞬間です。

子供達にはとても良い経験になったと思います。
うちの長男は、「また登りたい」と張り切っていましたが、

娘の方は、相当なお疲れモードで、
もう二度と登りたくないと言っておりました(笑)

c7ed5b85acda6221d4e6c572e6e5cba2

帰りがけに、お約束の「嶽きみ」を買って!
嶽きみ・・・美味しいんですよね。

さて、きょうは疲れました・・・もう寝ることにします。

お盆ですね。
お盆休みをエンジョイしていますか?
サンクリエイトも16日までお休みさせていただいております。

皆さん、お墓参りへ行かれている頃でしょうね。
私も、先ほどお墓参りへ行ってきました。
ご先祖様は大切にしないといけませんからね。

さて、きょうはお盆休み中ですが、前回の、
”注文住宅を建てる際に考えるべきポイント”
続きのお話をしようと思います。

前回のお話をまだ見ていない方は、先にご覧いただくことをお勧めします。
前回のお話はコチラからどうぞ。

注文住宅と言うのは、”自分たちの理想を実現”することが可能ですが、
完成後を正確にイメージすることがすごく難しいんです。

家と言うものは、実際に生活し始めてから、
「こういうものが必要だな」
「こっちよりあれの方が良いな」
などと言う改善点が見つかるものだからです。

せっかくのマイホームですから、
事前にそう言ったポイントを無くしておきたいですよね。

そのためには、建てる際にどのようなポイントを考えればいいのか?
前回に引き続いて、注文住宅を建てる際に考えるべきポイントについて
お話ししようと思います。

まずは、「収納スペース」についてです。
注文住宅での失敗でよく見られるのが、収納スペースのとり方での失敗です。

収納は間取りを考える際に、意外と深く考えない部分ですが、
実際に生活すると狭すぎて物が入らないことや、
出し入れが面倒であるなどの問題が発生しやすい場所です。

なので、図面に書き込む際には、坪数だけでなく幅や奥行きを記入して、
どれくらいの広さかわかるようにするのが良い方法です。

今住んでいる部屋の収納スペースを基準にして、
広さをイメージできると良いと思います。

また、そこに収納したい物の大きさを実際に測って、
サイズがスペースに合うかどうかを確認しましょう。

サイズがギリギリだったり、ほんの少ししか余分なスペースがないだけでも、
収納スペースには入らなくなるので気を付けたいところです。

次に「コンセントの位置」です。
コンセントや照明スイッチというのは、
家のプランニングでは後半に決めるものですが、

生活するうえでは欠かせないものなので、
位置によっては生活の快適さが左右されます。

よくあることとして、ドアの裏に隠れてしまったり、
家具を設置するスペースの裏になってしまったりすることが挙げられます。

そうなってしまっては、せっかく設置しても機能しません。
なので、必要なコンセントの数や、配置する家具の位置などを
図面に書き込むようにしましょう。

また、具体的にどのような家具を置くのかをまとめれば、
必要なコンセントの数もわかりやすくなります。

いかがでしたでしょうか。
お話ししてきたように、収納スペースやコンセントなど、
細かなところで「もっとこうすれば良かったな・・・」と、感じる可能性があります。

建築家ではないので、事前にすべてを把握しておくことは難しいことです。
あらかじめどのようなポイントで失敗しやすいのかを調べたうえで、
担当の方に相談してみるのが一番良い方法です。

専門家の目線を取り入れることで、失敗のリスクが格段に減りますし、
満足のいくマイホームを手に入れることができます。

注文住宅を建てる際に考えるべきポイントはまだまだたくさんあります。
次回も注文住宅を建てる際に考えるべきポイントについてのお話をしようと思います。

それでは、次回をお楽しみに。

このところ、朝晩がだいぶ涼しくなりましたね。
ねぶたが終わった途端に、秋の気配が・・・・。
やはり青森の夏は短いですね。

さて、きょうは毎年恒例の「木工教室」の日!
今年も無事、開催することができました。

485fc80ad3230e952ee760e2a4b8bb5d

今年もたくさんの方に参加していただきました。

1e8cea85e1d39ba7dccf75347dac0c71


子供たちにとっては、生まれて初めての”電動ドライバー”
慣れない手つきで一生懸命に作業しておりました!

31e48a19bb573f2886b51ed056aa9756


大工さんにお手伝いしてもらいながらの作業です。
このような経験も大事ですよね!
411c7d688cbf6eea2f70da23c543b4bc


組み立てが終わったら、色付けの作業開始!
手をペンキだらけにしながら、一生懸命に色付けです。
c1a37111ee902e9828ecff909c22fcad


塗装やさんにお手伝いしてもらいながらの色付け作業!

5db2c6344dbb6515b2a401989478a501

それぞれ大好きな色を塗って仕上げです!
赤や青、黄色や黒など、様々な色合いのフリーラックが完成していきます!
10a162d21518dd81b36bf0492e239618


完成したら、かき氷で休憩!
かき氷も大人気・・・と言うより、一番人気でした(笑)

今年の木工教室も無事終了することができました。
参加した皆様には、本当にありがとうございました。

これで、夏休み工作も大丈夫!
あとはお盆を待つばかりですね。