社長ブログ

寒くなりましたね・・・。
雪の便りが聞かれるようになってきました。
雪の季節もすぐそこまで来ているようです。

さて、きょうは、
「青森で住宅を建てる方必見! 外構フェンスの話」です!

隣の家との距離が近い!
人目が気になって洗濯物が思いっきり干せない・・・等々。

そんな悩みを持っている方のために、
今回は外構フェンスのお話をしたいと思います。

※外構フェンスの建て方
一般的に外構フェンスを建てる際は、
足元を30cm~50cmほど埋め込んで固定します。

この時、コンクリートや基礎石でしっかりと固定します。
必要な深さは素材によって異なってきます。

※外構フェンスに必要な高さと幅
一般的に大人の目線が隠れる高さは180cmと言われています。
ただ、室内から見た場合や、敷地の高さによって見え方が異なるので、
一概には言えません。

また、2mを超えると、かなり圧迫感が出てきます。
約3mまでは一般のフェンスで対応可能ですが、
高くなってくると、近隣の日照が問題になってくるので、
必要最低限の高さに留めておくのが良い方法です。

ちなみに公共用の目隠しのためのフェンスは5mまで対応可能となっています。

※圧迫感
フェンスは視線を遮るものなので、選び方によっては同じ面積でも、
フェンスがない場合に比べて、敷地が狭く感じられることがあります。

また、密度の濃いしっかりとしたフェンスは、
圧迫感と同時に通風を遮ることにもなるので注意が必要です。

では、どのようにしたら圧迫感を抑えられるのか?
解決策として以下の方法が挙げられます。

1・目の高さの部分だけ目隠しにする
2・板の隙間を広げる
3・白や明るいベージュなど、フェンスの色を明るくする
4・光を通す半透明の素材を組み合わせる
こうした工夫で圧迫感を軽減できます。


※お悩み別フェンス 「隣との境界を示したい」
フェンスを建てる目的が境界を示したい場合では、
アルミフェンスやメッシュフェンスのような低コストのフェンスが使われます。

目的が目隠しの場合は、このようなフェンスではアルミ板の枚数が多く必要となるため、
割高になってしまうことがあるので注意が必要です。

「フェンスは圧迫感があるから、生け垣を建て入れたいけどスペースがない」
そんな時は、フェンスにツタ類の植物を絡ませて、
疑似的な生け垣を作ると良いかもしれません。

これらは、およそ10cmの厚みがあればできるので、
あまり広いスペースが取れない市街地の家でも、設置することができます。

「フェンスだけでは無機質に感じられてしまう」という方には、
このようにフェンスに植物を取り入れて、
見た目にソフトな印象を与えることで、生け垣風のフェンスにすることができます。

外回りは家の印象を決める「顔」となります。
また、プライバシーの面でも重要な役割を果たしますので、
この機会にフェンスの設置を検討してみてはいかがでしょうか。

気持ちの良い秋晴れが続いていますね。
先週に続いて、台風22号が気になるところですが・・・・・。

いよいよ明日から「青森の住宅完成見学会」が始まります。

10月28日(土)~29日(日)の2日間、10時から17時まで、
青森市小柳地区での開催です。

7822d80e79d719eb2926f106b264f9c3
サンクリエイトがご提案する、「家族が幸せになる家」
今回のお家も見どころ満載でお届けします。

8ae186be1497f79c0ef2b0d56adab6c3

リビング天井の見出しの梁が
空間に変化を与えてくれています。
くつろぎと癒しの空間を与えてくれる、
リビングに続く和室空間は、ぜひ見ておきたいところです。

9737f1a5c2526fee9aad80f4802210e2

間接照明が良い感じで
和室空間に変化を与えてくれます!
家事に便利な専用の物入れを設けた洗面所や、最大22.5帖のLDK空間、
ダイニングとの開放感を確保したオープンキッチン等々・・・・。
今回のお家も見どころ満載です!

a4f98e4fd9484e3b6a0125cbe04c8213

モザイクタイルがオシャレな
トイレ空間。
また、「あなたの探していた土地がきっと見つかる」土地探し相談会と、
「住宅ローンや資金計画など、家づくりでは避けては通れないお金の話ご相談会」
も同時開催します。
明日から2日間限りの開催です。ぜひ足を運んでみてください。

詳しくは、サンクリエイトホームのホームページ
イベント案内をご覧ください。

皆様のお越しをお待ちしております。

前回は、建売住宅のメリットについてお話ししました。
イメージがつきやすいことや、すぐに購入、入居できること、
費用が安く済むことなどが挙げられました。

でも、建売住宅にもデメリットがあるので、注意が必要です。
今回は、建売住宅のデメリットについてのお話をしたいと思います。

まず「自由度が低く、設備に不満が残る事がある」ことが挙げられます。
建売住宅は初めから設備や仕様が決められた家なので、
自分たちの意見を反映させることが難しいです。

そのため、暮らしていく中で「やっぱりこういう機能が欲しかった」と、
思うことも多々出てきます。

一度購入したら何十年もその家に住むことになります。
自分たちにとって、譲れない機能がついていない場合は、
妥協をして決めることはやめた方が良いかもしれません。

そして「後付けで設備を追加した場合、多額の費用がかかる事がある」ことです。
建売住宅で、設備等のオプションを追加したい場合、
注文住宅で設備オプションを追加するよりも、
たくさんの費用がかかってしまう場合が多いんです。

そのため、多くの機能を付け加えたいのであれば、
初めから注文住宅で建てたほうがお得になる場合もあります。

どのくらい設備を追加するのかを事前に決めたうえで、
建売住宅か注文住宅かを決めて行くことが大切です。

また、「材料や工事方法のチェックが難しい」ことも挙げられます。
家がすでに建ってしまっている場合、
その家の材料に何が使われているのか、
丁寧に作業をしているのか?等々確認することができません。

そのため、仮にその家が欠陥住宅だったとしても、
外観から確認、判断することはとても難しくなります。

最後に「家の価値が低い」ことが挙げられます。
建売住宅ではローコストの部材を使っていることが多く、
「家の価値が高くない」場合がほとんどです。

そのため、数十年済んだ後に売却するとなったとき、
家の価値は全くなく、土地のみの価値でしか売却できないこともあります。
建売住宅を買うときは、そのことを念頭に置いておきましょう。

いかがでしたでしょうか。
建売住宅のデメリットで一番大きなものは、
最初にお話しした「自由度が少ないこと」です。

これから何十年も住む家に、
本当に欲しい機能を取り付けずに住み続けてしまうと、
後悔するのは目に見えていますよね。
本当に欲しい機能であれば、取り入れるようにするのが良い方法です。

今回で、注文住宅と建売住宅の比較は終わりです。
それぞれのメリット、デメリットをしっかりと考えたうえで、
自分たちのライフスタイルに合った、住宅選びをしてくださいね!

台風一過、良い天気が続いていますね。
紅葉狩りには絶好のお天気ですが、紅葉狩りへは行かれましたか?
私も、そろそろ行ってみようかと思っているところです。

さて、きょうは、注文住宅と建売住宅の比較その3と題して、
建売住宅についてのお話をしたいと思います。

前回のお話をまだ見ていない方は、
コチラからご覧ください。

土地とセットで売り出している建売住宅ですが、
これにももちろんメリットとデメリットがあります。

今回は、メリットについて述べていきたいと思います。

まず、建売住宅は「イメージがつきやすい」ことが挙げられます。
建売住宅の場合、既に家が出来上がっている場合もあり、
購入後の住む姿をイメージしやすいといったメリットがあります。

出来上がっていなくても、その家に付属されている設備や仕様が、
詳しく決まっているため、イメージを膨らませることが容易です。
そのため、住んでからのギャップを抑えることができます。

また、「気に入った場合、即購入、即入居」が可能だということ。
注文住宅の場合は、入居までに時間がかかりますが、
建売住宅では、既に建っている、あるいは、もう少しで建つという状況なので、
気に入ったらすぐに入居することができます。

また、面倒な手続きをすることなく、家を購入することもできます。
これは、すぐに引っ越しをしたいときや、
子供たちの新学期に合わせて引っ越す時期が決まっているときに、
とても有効な選択肢であると言えます。

そして、なんといっても「安く購入できる」ことがメリットと言えます。
建売住宅では、一気に多くの住宅を建築するため、
人件費や材料費を抑えることができます。

なので、同じ住宅を注文住宅で建てた場合よりも、
費用を抑えることができます。

できる限り費用を抑えたいときは、建売住宅の購入を検討してみるのも、
一つの方法かもしれませんね。

いかがでしたでしょうか。
建売住宅のメリットをわかっていただけたでしょうか。

イメージがつきやすいことで、実際に住んだ後とのギャップを減らすことができる。
また、即入居できることは、大きなメリットでした。

良いことばかりに聞こえますが、
もちろん、建売住宅にもデメリットはあります。

次回は、建売住宅のデメリットについてのおはなしをしたいと思います。
お楽しみに!

何とか台風が過ぎていったようですね。
台風の影響が少なかったので良かったです。
この仕事をしていると、本当に天候には敏感になります。

さて、またまた行ってきました!
五所川原市のラーメン街道。

現場廻りで、弘前へ行った帰りにちょいと寄り道・・・・。
”わざわざ行った”と言った方が正解ですが(笑)

ホント好きですよね・・・・・。
お高いラーメンなんですけどね。

4258ef45c81a3981a00ef05495d9a3d7
今回は、札幌ラーメン「みその」で、
「炙りトントロ焼き豚味噌」と、一番人気をチョイス!


93b808cef24937c67ca76d10b4b63bca

とりあえず、一番人気を頼んでおけば大丈夫だろうとの安易なチョイスです(笑)
これがまた贅沢なラーメンで、一杯1,080円とかなり豪華。

麺を埋め尽くすほどの炙りトントロが乗っているのですが、
よく考えてみたら、豚肉の脂身が苦手なんですよね。
頼む前に気づけよ!と言う感じですが・・・・・。

db497dd7d811eb0af54059b65f916836

こちらは、専務がチョイスした、「味噌バターコーンスペシャル」1,080円!
なにやら、味噌バターカレー何とかって、青森名物のラーメンもありましたよね。
豚の脂身が苦手な私は、すかさずチェンジしてもらいました(笑)

本場札幌の”みそラーメン”ということもあって、
確かに美味しかったです・・・・が・・・・

何しろスープが少なすぎです。
冷やし中華か!って言うくらいスープが少ないんです。

麺の半分以上がスープから出ていました。
スープに浸っていないので、麺が冷めちゃってるんですよね。
これって、どうなんでしょうかね。

今回も、贅沢なお昼となってしまいました。
さすがにラーメン一杯に千円以上は贅沢ですよね。

と言いつつ、また行っちゃうんですよね・・・・・。