社長ブログ

今朝は冷え込みましたね。
寒くて目が覚めてしまいました・・・。
そろそろ厚手の布団が必要な季節になってきました。

さて、きょうはリフォームするときの注意点その4として、
「耐震リフォーム」についてお話ししたいと思います。

耐震リフォームは、リフォームの中でも命にかかわることなので、
より注意深く検討していきたいと思います。

まずは、「契約を急がせる業者には注意する」ことです。
どこかで、大地震が発生すると、耐震リフォームに関する、
悪徳業者が多く現れます。

もしも巨大地震が自分の住む地域で発生したら、
「自分の家は大丈夫だろうか?」という気持ちに付け込んで、
耐震リフォームの契約を結ばせるためです。

正式な検査をせずに「今リフォームしなければ、倒壊の恐れがある」と、
巧妙に語ってきます。

自分の家の状態を把握せずに契約を結んでしまったら、
後悔してしまうことになります。

次に「耐震診断を必ず行う」ことです。
正式な耐震診断を受けなければ、その家のどこが弱く、
どこが倒壊しやすいのかわかりません。

なので、自治体や各種団体などに、しっかりとした検査を依頼しましょう。
耐震診断は、条件によっては無料なことや、
耐震工事に補助金が出たりすることがあるので、
各種ホームページで調べてみるのも良いかもしれません。

次に「自分の家の築年数を確認する」ことです。
日本の住宅には、耐震基準が定められています。

しかし、1981年の前と後とでは、その基準が変わっています。
1981年より前の旧耐震基準では「震度5以上で倒壊しない」
ことを基準としていました。

現在の耐震基準に大きく満たない基準となっているため、
大地震が起きた際に倒壊する危険があります。

そのため、もし1981年よりも前に建てられた家に住んでいて、
まだ、耐震リフォームを施していないのなら、
早急にリフォームを検討した方が良いでしょう。

「1981年」ここがポイントです。

いかがでしたでしょうか。
耐震強度は大地震が来た後の生存率に直結します。

家の耐震強度に不安がある人は、耐震リフォームをすることをお勧めします。
でも、その心に付け込んで営業をかけてくる業者が、一定数いることも確かです。

耐震リフォームをするときは、正式に検査をしてくれる場所で、耐震診断をしてもらい、
どこを耐震補強するべきなのか、明確に知る必要があります。

診断に基づいて的確なリフォームをするようにしましょうね。

前回は、お風呂のリフォームについてお話ししました。
今回は、外壁のリフォームについてのお話をしたいと思います。

まず、外壁リフォームの注意点として、
「色選び」があります。

外壁の塗り替えをするときに、まず色を決める方も多いと思いますが、
この時に注意することがあります。

それは、色を決める際に見た印象と、
実際に塗られた色を見た時の印象が違うことが多くあるからです。

その原因として、「面積効果」「太陽光」の問題があります。

面積効果というのは、色は面積の大きさによって、
見え方が変わってしまうという、「視覚効果」のことです。

その影響で、部屋の中で小さな色見本を見た時の印象と、
壁一面にその色が塗られているときに見た印象が異なってしまいます。

なので、できるだけ面積効果の影響を少なくするために、
カラーサンプルで色を見るときは、
A4サイズ以上で確認することをお勧めします。

太陽光の問題とは、
「太陽光の有無で色の感じ方が異なる」という問題です。

それを防ぐために、色を決める際は、実際に太陽光を当てて、
確認してみるのが良い方法です。

そのほかにも、近隣の家との色の調和も必要です。
近所の家と比べて、自分の家だけが明らかに違う場合、
地域全体としての外観を損ねてしまいます。

次に「近隣とのトラブル」と言う問題があります。
リフォームをするときに忘れがちなのが、近隣住民の方の協力です。

工事中は、近隣住民の方の協力が必要不可欠です。
いくら外観がきれいになったとしても、
近所の方との関係性が悪くなってしまったら嫌ですよね。

これからも、近所の人と良い関係性を保つために、
お勧めするのが業者の方と一緒にあいさつ回りをすることです。
これによってトラブルが発生しにくい状況を作ることができます。

いかがでしたでしょうか。
外壁をリフォームするときの注意点を、少しでもわかっていただけたと思います。

外壁のリフォームは大掛かりな作業になります。
その分、お金も時間も多くかかります。

しっかりと事前に準備をすることで、
その費用や期間に見合うリフォームをするようにしましょう。

先週末開催した完成見学会ですが、大盛況のうちに終了しました。
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

さて、朝晩も涼しくなり、だいぶ秋も深まってきました。
過ごしやすいこの時期、仕事や勉強がはかどりますよね!

お仕事を頑張ると、やはり減るのは「お腹」ですよね。

ところで、「おなかが減った」とは言いますが、
「おなかが増えた」とは言わないですよね・・・
また、津軽弁で「はらつえ~」とは言っても、
「はらよえ~」とは言わないのはなぜなのか、
ずーっと前から疑問に思っていたんですが・・・・・(笑)

と、言うことで、夏の疲れが出やすいこの季節、
ちょうど近くで作業をしていた大工さんたちを誘っての焼肉大会です(笑)

f4f61f18b57b3522f0a8d5cfc4f39b50


総勢20人超となると結構盛り上がりますね。
やはり若い人たちはよく食べます。

YSの小野君は一番乗りで「焼肉おかわり」
”やせの大食い”とはこの人のことです(笑)

焼肉食べて、元気もついたことだし、
また、お仕事頑張ることにします!

きょうも朝から良いお天気になりました。
絶好の見学会日和・・ということで、

今日から青森市月見野で開催している
「青森の住宅 完成見学会」へぜひお越しくださいね!

さて、今回は「リフォームするときの注意点その2」ということで、
前回に続いて、リフォームの注意点についてお話ししたいと思います。

今回は水回り第2弾として、お風呂をリフォームする際の注意点についてです。

生活するうえでリラックスするためには欠かせないお風呂について、
どのような点に注意してリフォームしたらいいかのお話です。

まずは、在来工法かユニットバスか・・・の選択から。
お風呂には大きく分けて在来工法とユニットバスの2つの種類があります。

在来工法は、防水加工を施したうえで、
実際の浴室の形に合わせてお風呂の形を決める工法です。
浴室の広さや形に合わせて、柔軟に施工することができます。

メリットは、自分たち好みのお風呂を作れることです。
ヒノキや大理石を使用したり、バリアフリーを設置したり、
自分たち好みに合わせて浴室を作ることができます。

反対にデメリットは、「防水性能や断熱性が低い」ことです。
また、作業がユニットバスに比べて難しいため、人件費が高くなってしまいます。

ユニットバスは浴室のパーツである床、壁、浴槽などをあらかじめ工場で生産しておき、
出来上がったものを浴室にそのままはめ込むという工法です。

メリットは、隙間がないため防水性や断熱性が優れていることや、
費用が安く済むことなどが挙げられます。

また、お手入れしやすいといったメリットがあります。
掃除する人にとっては嬉しいメリットですね。

デメリットとしては、在来工法よりもデザインに制限があることです。
もともと工場で作られたものを使うため、
自分たちの本当に好きなものを選ぶことが難しい可能性があります。

また、オプションで他の機能を付ける場合は、
費用が安く済むメリットが少なくなるといったデメリットも発生します。

これらのメリット、デメリットから判断して、
デザイン重視でリラックスを得たいなら在来工法。
機能面を重視したいならユニットバスと、いう考えで決めても良いかもしれません。

いかがでしたでしょうか。
お風呂には在来工法とユニットバスの2種類があり、
それぞれにメリット、デメリットがありました。

お風呂は一日の疲れをとる、生活するうえで欠かせない設備です。
これらのメリット、デメリットをよく考えたうえで、
自分たちに合ったお風呂のリフォームをしましょうね!


だいぶ秋も深まってきました。
季節の変わり目、体調には気を付けたいですね。

さて、いよいよ明日から、9月22日(土)と23日(日)の2日間、
青森市月見野地区で「青森の住宅完成見学会」開催です!

e8415534e628a03f57c366ecb0ae7425

今回のお家は、「完全分離型二世帯住宅」です。
二世帯住宅をお考えの方、また二世帯住宅に興味がある方は、
絶対に見ておきたいお家です。

二世帯住宅にもいろんなパターンがありますが、
今回のお家は世帯それぞれに専用の玄関を設けた、
完全分離型の二世帯住宅です。

また、それぞれ上下階を利用した間取りとなっているので、
上の階の足音や物音などを気にすることもありません。

8a26aca2e8f8fa25d10c7aef4f3470bd
サンクリエイトがご提案する、青森の住宅!
家族が幸せになる家「完全分離型二世帯住宅」を、ぜひご覧ください。

皆様のお越しをお待ちしております。

詳しくは、サンクリエイトホームのホームページ
イベント案内をご覧ください。