社長ブログ

8月も今日で終わりですね。
1年も3分の2が過ぎました・・・早いですね。

さて、明日から、9月最初の完成見学会、
青森の住宅『新築住宅完成見学会』が始まります!

9月第1弾、青森の住宅見学会として、青森市安田近野地区で開催します。
今回のお家も見どころ満載でお届けします。

d6e7c807b14d77a50ddb67545db8a5a5
基本概念は、サンクリエイトがご提案する『家族が幸せになる家』
見晴らしの丘に建つ、耐震バランス設計、シンプルモダンの家!


耐震バランス設計のシンプルモダン設計、

リビング併設のこだわりの「小上がり空間」や
主婦に嬉しい「ランドリースペース」等々・・・
家づくりを考えている方にはぜひ見ていただきたいお家となっています。

また、土地探し相談会や、
住宅ローンや資金計画など、お金の話相談会も開催します。

詳しくはサンクリエイトホームのホームページ
イベント案内をご覧ください。

皆様のお越しをお待ちしております。

「2017新築増改築フェアinあおもり」も同時開催します。
詳しくはコチラをご覧ください。

8月も残すところあと1日となりました。

建築業界に携わるものとしては、
これから始まる台風の季節がとても心配になります・・・・。

さて、きょうはトイレリフォームのメリットについてお話ししたいと思います。
まずは節電、節水力について、

毎日、当たり前のようにトイレを使っていると、
節電や節水について、あまり考えることはなかったと思います。

当たり前ですが、トイレは水をたくさん使う場所です。
最近ではその使う水の量が大幅に減らせることをご存知でしょうか。

今の家に住み始めて何十年もトイレを使っているとすると、
それはすでにリフォームのチャンスです。

従来のトイレの節約方法として、タンクにペットボトルのようなものを入れて、
節水している方もなかにはいらっしゃると思いますが、
部品の破損や排水の詰まりなどのリスクもありますので、おススメしません。

そのような方法での節約よりも、
トイレのリフォームで節電、節水していくという方法があります。

現在のトイレは、節水機能や節電機能が以前のものとは
比べ物にならないくらい優れています。

また、汚れが付きにくい素材で作られていて、
楽に掃除ができるようになっていたりするので、
時間のない現代人にとって、時間を無駄に使わずに済みます。

トイレをリフォームする際には、
トイレそのものを変えるだけではなく、
空間そのもののリフォームを考えてみるのも良い方法です。

長年トイレを使っていると、汚れや臭いが気になったりします。
リフォームのタイミングで部屋ごと綺麗にしてしまうという選択肢はどうでしょう。

リフォームを機に掃除やお手入れのしやすい素材の壁や床材を使って、
綺麗なトイレを保ち続けられるものに代えてしまうことで、
長く清潔に使い続けられるトイレにすることができます。

いかがでしたでしょうか。
きょうはトイレリフォームにおけるメリットについてお話ししました。

水道や電気代など、長期的なコストを考えたとき、
現在の技術が詰まったトイレへのリフォームをすれば、
長い目で見た時にはそれが節約につながることもあります。

トイレリフォームをする際に、
今回のお話がお役に立てれば嬉しく思います。

朝晩が涼しくなって、寝やすくなったせいか、
朝起きるのがつらくなってきました・・・(笑)

先日、休みの日に「道の駅いなかだて」の
”田んぼアート”を見てきました。

ちょうど今が見ごろということもあって、
綺麗なアートを見ることができました。

a35c644c9f24e410b5be075b50ee9700
今年の題材はお伽噺の「桃太郎」
田んぼアートと青空が良い感じでした。

c5bc8a41ee50e6bdaf48c43da2547a93
こちらは石を並べたアートで、惜しまれる人「ダイアナ妃」
よくもまぁ、こんなにうまく石を並べられるものです。

95304797472e288bfa1c878d902d4ef8

近くで見るとこんな感じ。
石の濃淡をうまく利用して並べています。

68c283cb4a53e93f06d2612249bff6c8
田んぼアートは近くで見ると、
何が何だか全くわからないですね・・・。

今が見ごろということのなので、
まだ見ていない人は、早めに見ておいた方がいいですよ!

8月ももすぐ終わりですね。
一年のうちで最も熱く燃える「青森ねぶた祭り」も、
ずいぶんと昔のような気がします。

さて、きょうは「リフォームにかかる費用とその内訳」
についてのお話をししようと思います。

「中古住宅を買ったからリフォームをしたいな」
「今の家は古いからリフォームしようかな」
と、思っている方は、
今回のお話がお役に立つと思います。

まずは、「リフォームにかかる値段っていくらなの?」
という現実問題があります。

と、言うことで、今回はリフォームにかかる値段についてお話しします。

単刀直入に「築30年の1戸建てで約500万円」かかります。
もちろん、規模や設備の種類などによって違いは出てきます。

新築の場合だと、購入して30年くらいで老朽化が進んだり、
家族構成が変わって住みにくくなったりするので、
多くの方がこれくらいの価格でリフォームをされています。

内訳としては、トイレのリフォームが20~50万円くらいが相場です。
和式から様式に変えるとなると、これ以上かかる可能性があります。

キッチンは50~150万円くらいが相場です。
ユニットバス同士の交換だと100万円以内で収まる場合が多いですが、
旧来型からユニットバスに交換するとなると、さらに高くなります。

洗面所は20~50万円くらいです。
シンプルなものにした場合だと20万円以下で設置することも可能です。

壁の塗り替えなどは50~200万円と幅が広くなります。

塗料の質によって値段が変わってくるのと、
家の広さによっても値段が違っくるからです。

また、外壁そのものが老朽化していたりすると、
塗装以外にも外壁の張替えや、補修工事なども必要になるので、
さらに費用がかかってきます。

塗料は質の悪いものだと、すぐに色落ちして、
また塗装しなおさなければいけなくなるので、
ある程度質の良い塗料にするのが良いと思います。
(ここがポイントです)

屋根の塗り替えは基本的に150万円以下でできます。

これも外壁塗装と同じで、塗料の質を落とすと、
すぐに塗り替えが必要になって、結局費用がかさむことになるので、
ある程度質の良い塗料を選ぶのが良いでしょう。

外構、エクステリアは、
門やフェンスなどの家の周りの物のことを言います。

部分的だと20万円ほど、家の周り全体となると50万円を超えてきます。

リビングのリフォームをする場合、
内装のみだと30万円ほど、
間取りの変更などのリフォームとなると100万円を超えてきます。

また、リフォームにかかる値段以外にも、
各種手数料やリフォームしている間の仮住まい代、

その引っ越し代や駐車場代もかかってきます。
それらのこともちゃんと考慮しておくことが大切です。

いかがでしたでしょうか。
今回はリフォームにはいくらかかるのか?を
単刀直入にお話してきました。

これまで、ここまで単刀直入に価格のお話をした人は
あまりいないのではないでしょうか。

ただ、これはあくまでも、これまでの経験に基づいた、
ごく一般的なリフォームの場合での、相場的なお話なので、
すべてがこれに当てはまるとは限らないので注意してくださいね。

リフォームは案外費用が掛かるものです。
リフォームすべき場所と、そうでない場所をきちんと見極めて、
必要な箇所だけをリフォームするのが賢いリフォームのやり方です。

このところ蒸し暑い日が続いてますね・・・・。

朝晩の気温差が大きくなってきているようですが、
体調を崩しやすい時期なので、注意したいですね。

昨夜は「夏の木工教室」のお手伝いをしていただいた
大工さんたちを招いての「慰労会」でした。

IMG_4325

サンクリエイトホーム夏の恒例行事になりつつある「木工教室」の
お手伝いをしていただいた大工さんや、商社、メーカーの方々、

そして会場を提供していただいた、福士木材さんのご協力のおかげで、
無事大成功に終わった「木工教室」

本当にありがたいですね。
少しでも夏の疲れを癒してもらえたら嬉しいです。

大好きなお酒を飲んで、大盛り上がりの慰労会でした。