安心のコミコミ価格

広告のウソにご注意を!

安心のコミコミ価格

住宅価格の表示方法には決まりがありません。各社自由に設定できるのです。本体価格で表示するところもあれば、フル装備の価格を表示するところもあります。また、引き渡し価格を表示するところ等もあります。

広告では坪30万円だったのにあれを付けると○○円アップ、これを変更するとさらに○○円アップ、と家が完成する頃には価格は2倍近くにまで膨れ上がったということもよく聞く話です。


こんなはずじゃなかった。。。とならない為にも、住宅業界の「価格のカラクリ」を包み隠さずお教えし、安心してご契約いただけるように、全てコミコミ適正価格でご提案いたします。

広告のウソ

適正価格住宅ってなに?

すべてコミコミでの価格提示のことです!

適正価格住宅とは、建物本体以外に本来別途とされている工事をすべて含んだ「全てコミコミ価格」で提示している住宅の事です。
生活する上で必要と思われるもの全てを標準装備として、引き渡し後すぐに生活が始められる状態での価格を提示するというものです。
電卓

標準装備はどうせ「安かろう、悪かろう」と、思いがちですが、そんなことはありません。
基礎・構造躯体・外壁・設備にいたるまで、私どもがあらゆるメーカーから吟味した、最新の商品を標準としています。

もちろん全てが「標準装備の商品で」と、言う訳ではありません。
それではお客様のニーズに対応できなくなってしまいます。


あれば便利だけど、なくても生活には困らないもの、簡単にいえば「贅沢品」に当たるものはオプションとして選べるようにしています。

お好みに応じて変更やオプションを追加したとしても、「最終的にいくらになるのか」を、

しっかりと提示する事こそ、適正価格住宅の価格表示です。


その他にかかる費用とは?

よく聞かれるのが、「他にどんな費用が必要ですか?」という質問です。

適正価格住宅が全てコミコミ表示でも、その他にまったく費用がかからないと言うわけではありません。
私どもサンクリエイトホームは、そこのところについても全て正直にお伝えしています。ここにその例を挙げてみましょう。

●宅地内への給水の取り込み工事

道路に埋設している水道管本管から分岐する工事です。敷地から外の工事になるため別途工事としています。
分譲地などでは、あらかじめ水道本管より敷地内へ分岐してある場合があるので、その場合は費用は発生しません。


●合併浄化槽設置工事

基本的には下水地域を基準にしているため別途工事としています。
下水地域以外の方や、下水地域以外に土地を購入される場合は、浄化槽設置工事が別途必要になります。


●特殊基礎工事

特殊基礎工事とは、地盤改良や杭打ち工事のことです。私どもサンクリエイトホームでは、必ず地盤調査を行っています。
その調査の結果如何では、特殊基礎工事が必要となります。
その性質上「調査をしてみないと必要かどうか分からない」と、言う事から別途工事としています。


●暖房設備工事

オール電化を標準装備にしている会社もありますが、当社は別途工事としています。
これも過去のデータから、必ずしもお客様がそれを望んでいない場合があるからです。


また、近年深夜電力割引の廃止に伴い、蓄熱式の暖房設備機器のメリットが無くなったことから、

ヒートポンプ式の暖房器具などにシフトしてきています。


ご予算やご自身の生活スタイルなどを考えた上で、ご検討されるのが良いと思います。


●土地購入代金

土地の購入代金は含まれません。
土地をお探しの方には、土地探しのお手伝いもさせていただきますのでご相談ください。


●解体工事費用

あくまでも、更地の状態から家を建てる事を基準としているからです。
現在、産業廃棄物の処理に関しては国が厳しく規定していますので、信頼できる業者を選ぶ事が重要です。
当然私どもでも対応できます。


●銀行・不動産等諸経費

契約に必要な印紙、住宅ローンを利用した場合の手数料・保証料・火災保険料・登記費用・水道加入金などです。
それなりの費用が必要となりますので、あらかじめ予算に組み入れておく必要があります。


いかがですか?何となくでも理解できたでしょうか。

基本的には敷地内で家を建てる費用はほとんど含んでいます。
それ以外の工事については、私どもと一緒に打ち合わせをしながら進めていけば、それほど神経質になる事はありません。

あなたがどこで建てるかは自由です。私どもの基準を頭においてお話すれば、それぞれの業者の仕様や特徴を理解しやすくなるはずです。

お問い合わせはこちら