保証について

保証はどうなってるの?

特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律

構造上主要な部分や雨水の侵入を防止する部分に生じた瑕疵について、損害賠償を行う責任を負う事が法律上で定められました。
補修費用等の保険金の支払い対象となるのは構造耐力上重要な部分と雨水の浸水を防止する部分です。
(保険契約の引受けにあたって、JIOはこれらの部分の施工状況について現場検査を行います。)

●木造の例(在来軸組工法)
●鉄筋コンクリート造の例(壁式工法)
構造耐力上主要な部分木造
構造耐力上主要な部分鉄筋

「瑕疵」(カシ)とは、簡単に言うと構造上のミスや欠陥などの事です。
そのため、業者には「資力確保措置」が義務付けられました。
いわゆる、瑕疵(欠陥等)が発生した場合に対応できるように、 決められた額(支払えるように)を法務局などに預け置いて下さい。と言うものです。

●保険期間は、原則として10年ですが、共同住宅(分譲)は引渡し日より多少増減します。
保険期間

中小のビルダーや工務店などでは、そのような大金を預け置く資金力などありません。
そこで、国土交通省大臣が指定した「住宅瑕疵担保責任保険法人」との間で、瑕疵によって生じた損害を 「てん補」するための「保険契約」を結べばよい事になっています。


サンクリエイトホームは10年保証

住宅品質確保法:住宅の品質確保の促進等に関する法律。
住宅瑕疵担保履行法:特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律。
保険仕組み

「国が指定した第三者機関による保険に加入することで10年保証に備え、瑕疵(欠陥等)が発生した場合は、その保険によって債務を負いなさい」ということです。

これにより、工事を依頼した業者が倒産した場合であっても、第三者機関である「日本住宅保証検査機構」が業者に代わって保険料として支払う事になるので安心できるわけです。


これで安心していただけましたか。


日本住宅保証検査機構ホームページはこちら



お問い合わせはこちら