エクステリアって何? エクステリアのスタイルの種類

◆エクステリアって何?

「エクステリア」とは、建物の周りのスペース、
そのスペースに設置されている構造物(門扉・フェンス・車庫など)や、
植栽など、外回り全般のことを指します。

家づくりを計画するとき、
「インテリア」に比べると優先順位が低くなりがちな「エクステリア」ですが、
エクステリアも家を構成する重要な要素です。
エクステリアで住まいの印象は大きく変わります。

◆エクステリアのスタイルの種類
【オープン型】
一般的に敷地の境界線に門扉やフェンスなどを設けない開放的なプランです。
芝生や低い樹木で境界を示す場合もあります。

プランニングによっては、エクステリア建材を多く使わないので、
コストを比較的抑えることができますが、
樹木などを常に見栄えの良い状態に保つには手間がかかります。

開放的で、敷地が狭くてもスペースを有効に使うことができ、
光や風も通り抜けやすいメリットはありますが、
安易に侵入されやすく、また、プライバシーの確保も難しくなります。

【クローズド型】
比較的背の高い門扉やフェンス、塀などを設けて敷地を囲うプランです。
一昔前の日本の家では一番多くみられたタイプです。

多くのエクステリア建材を使うので、コストは高くなりがちです。
家の周りを囲うので、プライバシーの確保がしやすく、
落ち着いた空間になりますが、敷地が狭い場合などは圧迫感が出てしまう場合も。

また、外からの死角が生まれるため、
かえって防犯面で不利になってしまう場合もあります。

【セミクローズド型(セミオープン型)】
オープン型とクローズド型、両方の要素を組み合わせたプランです。
それぞれのメリットを活かせるので、
最近の日本の住宅では人気となっている主流のプランです。

例えば、門周りには比較的低めな塀やフェンスを設け、
車庫まわりは開放的にするなど、プライバシーやセキュリティは高めながらも、
程よい解放感を取り入れることができます。

◇◇◇ POINT ◇◇◇
エクステリアは、周辺環境との調和や
家族の安全やプライバシーを考慮してプランニングしましょう!