住宅の地震対策

熊本地震や先日発生した北海道地震の発生後、
住宅の耐震性や安全性への関心が高まっています。
良い家の一番の条件は、何と言っても「家族の命を守る」こと。

地震の多い日本では特に地震に強い家づくりが重視されます。
今回は、地震に備える住まいの知識をご紹介します。

◇建物の地震対策
建物を地震の揺れから守る構造形式は、
「耐震・制震・免震」の3つに分けられます。

以前は主に高層建築物に用いられていた「制震」や「免震」の技術は、
今では一般住宅にも用いられるようになってきています。
それぞれの特徴を見て行きましょう。

◇耐震構造
耐震とは、揺れに対して耐えること。
現在、もっとも多くの住宅で採用されている構造です。

壁や柱を強化したり、補強材を入れることで建物自体を堅くして、
地震の振動に耐える構造です。

◇制震構造
制震とは、揺れを制すること。
建物内にダンパーと呼ばれる振動軽減装置を設置し、
地震のエネルギーを吸収し、揺れを抑制しながら耐える構造です。

◇免震構造
免震とは、地面の揺れを免れること。
建物の足元に免震装置を設け、
地震の揺れそのものを建物に伝えないようにする構造です。

◇◇◇ POINT ◇◇◇

最も一般的なのは「耐震構造」ですが、
最近では建物の揺れを低減する「制震構造」や
「免震構造」が注目を集めています。