失敗しない土地選びのコツ ~隣地に植栽~

サンクリエイトがお届けする、家づくりお役立ち情報!
大好評土地シリーズをお届けします。

【今回のテーマ】


近隣に街路樹があるなど、住宅街の中でも自然豊か田土地に
住みたいと思っています。選ぶ際に注意点などある?

植栽や大木が隣接している土地は、「緑豊かで良さそう」というイメージがあります。
しかしそれだけで土地を選んでしまうと、思わぬ落とし穴も・・・。

例えば、お隣の敷地に大木が生えており、その枝葉が境界線を越えていた場合、
秋になると大量の落ち葉が自宅の敷地内に入ってきて、
「掃除が大変になる」などの問題が発生することもあります。

ご近所だから文句も言いづらいですし、断りもなく枝葉を切断すると、
損害賠償などの重大な隣人トラブルに発展する可能性もあります。

また、植栽が隣接していない土地であっても注意が必要です。
桜の並木道沿いにある土地は、お花見シーズンに花見客が捨てたゴミが散乱したり、
騒音に悩まされたり・・・というケースも。

このように、自然に囲まれた暮らしは素敵なことばかりではなく、
悪い影響がある可能性も覚えておきましょう。
31d88f986e1aeec6eea756bbecf4b68d

◇◇◇ POINT ◇◇◇
景観を楽しめる反面、近隣トラブルにつながる可能性も

1・隣家の木の枝葉が自分の敷地内に越境していても、勝手に切ることはできない
2・桜並木など景観の良い場所には大勢の人が集まり、ゴミが散乱することも

土地のことに限らず、住宅ローンなど、家づくりに関することは、
サンクリエイトホームまで何でもご相談ください。