失敗しない土地選びのコツ ~建築協定~

サンクリエイトがお届けする、家づくりお役立ち情報!
大好評土地シリーズをお届けします。

【今回のテーマ】


気に入って購入を決めた敷地が「建築協定」がある区域でした。
これはどのような制度なの?

自分たちが住む街を良好な環境にするために、
「建築協定」という制度を設けている土地があります。

この制度がある土地は、国が定めている建築基準法よりも厳しい基準を定めることで、
建築物に関する制限をかけることができます。

一例として、
●建物のデザイン:外壁の色についての制限がある。
●鉄筋コンクリートづくりなど耐火構造とする
●外壁は隣地から○○m以上離して設置する

など、建築に関して細かい規制があります。

また、基本的には、全国一律の建築基準法を緩和するような協定は定めることができないので、
好きなデザインで家を建てたい人にとっては不向きな制度です。

「建物を建てるときの基準が厳しい」というデメリット部分に目を向けがちですが、
建築協定を結んでいる地域は、住環境に対して意識が高い住民が集まっている可能性があるため、
街並みの景観がキレイで環境が保全されているというメリットがあります。

984f10e1c2e2157a2b20040350bb1f23
◇◇◇ POINT ◇◇◇
建築協定がある土地の地域は
住みよい環境である可能性が高い


1・建築物のデザインや、構造に制限や決まりがある。
2・統一的な街並みが形成され、環境が保全されるというメリットがある。

土地のことに限らず、住宅ローンなど、家づくりに関することがありましたら、
サンクリエイトホームまで何でもご相談ください。