失敗しない土地選びのコツ ~地震に強い土地~

サンクリエイトがお届けする、家づくりお役立ち情報!
大好評土地シリーズをお届けします。

【今回のテーマ】


地震が起きない安全な土地を探す方法はある?

地震が全く起きない安全な土地というのはありません。
しかし、地盤の弱い土地を避けることで、地震発生時に被害の少ない土地は選ぶことができます。

まずは、高低差がある地域は注意しましょう。
周辺よりも低くなっている土地は、大雨が降ったときなどに水が集まりやすく、
地盤が弱くなっている可能性があります。

また、周囲の家の基礎部分に亀裂があったり、
周辺で複数の電柱がバラバラに傾いていたりしている土地も、
地盤が弱くなっている可能性があるため注意が必要です。

自治体の窓口でハザードマップや古地図をチェックするなど、
現場の視察では見えない過去のデータも参照できます。

ハザードマップでは、その土地に自然災害が起きた際の被害予想が書かれており、
欲しい土地の状態を予測することができます。

古地図では、欲しい土地が昔水田や川だった場合、
地盤が弱くなっている可能性があるということも知ることができます。
6d097ee5262f70f1be620a778f60cf08

◇◇◇ POINT ◇◇◇
地盤が弱い土地を避けることで、災害時の被害を最小限にする!

1・高低差がある地域は水がたまりやすく、地盤が弱くなっている可能性がある。
2・自治体の資料で土地の地盤の状態を予測することができる。

土地のことに限らず、住宅ローンなど、家づくりに関することがありましたら、
サンクリエイトホームまで何でもご相談ください。