失敗しない土地選びのコツ ~農地は他の用途に使える?~

サンクリエイトがお届けする、家づくりお役立ち情報!
大好評土地シリーズをお届けします。

【今回のテーマ】

農地を買って、その場所に建物を建てることはできる?

登記簿謄本にはその土地の種別が記録されています。
土地の種別に「農地」と書かれている場合は
「耕作の目的に供されている土地」を意味します。

基本的に農地は、勝手に農地以外として利用することはできません。
また、農地に勝手に建物を建てて「農地ではない」と宣言することもNG。

法律違反となり、処罰の対象になります。
ちなみに庭先に作った家庭菜園などは、農地法の規制を受けることはありません。

農地に住宅を建てたい場合は、
家を建てられる「宅地」に地目を変更させる必要があります。
これを「農地転用」と呼び、行政機関などで申請ができます。

また、自分が住んでいる土地は通常であれば自分の意思で売却したり、
他人に貸したりできますが、農地はそれらが自由にできないので注意しましょう。

農地の売却や賃貸は、農業委員会または知事の許可が必要です。
6b51d33f8abc00916ba2021f20eafe5d
◇◇◇ POINT ◇◇◇
農地は耕作の目的以外に使用することができない!

1・農地に住宅を建てたい場合は、行政機関にて地目の変更を行う必要がある。
2・農地は、農業委員会や知事の許可なしに自由に売却、賃貸ができない。

土地のことに限らず、住宅ローンなど、家づくりに関することがありましたら、
サンクリエイトホームまで何でもご相談ください。