失敗しない土地選びのコツ ~道路に2m以上接していない土地~

サンクリエイトがお届けする、家づくりお役立ち情報!
大好評土地シリーズをお届けします。

【今回のテーマ】

道路に2m以上接していない土地が相場よりも安いのは何故?

まれに、道路に2m以上接していない土地が相場より安く売られていることがあります。
「幅員が4m以上の道路に2m以上」接していないと、
その土地に、建物は建てられないため、通常の土地よりも人気が無く価格が安くなるのです。

しかし、例外として特定行政庁が交通上・安全上・防火上および、
衛生上に支障が無いと認め、建築審査会の許可を得た土地については、
建物を建てられる場合もあります。

また、よくあるのが接する道路が2m未満の私道で
「私道の所有者の承諾があれば再建築ができる」という条件が付いた土地です。

再建築をするのにいちいち承諾を取らなければいけない土地ということで、
土地を選ぶ方も敬遠しがちになり、そう言った土地を買い、
たとえ建物を建てることができたとしても、将来売ろうと思ったときに敬遠され、
「なかなか売れない」という事態が起こる恐れがあります。
149971a7ab839506b41eea959267d2f1

◇◇◇ POINT ◇◇◇
相場よりも安く買えるが、注意する点が多い!

1・建物の再建築に制限があったり、接する私道の所有者の許可が必要になったりする場合がある。
2・将来、土地の売却を考えたときに、なかなか売れない可能性がある。

土地のことに限らず、住宅ローンなど、家づくりに関することがありましたら、
サンクリエイトホームまで何でもご相談ください。