失敗しない土地選びのコツ ~隣地の地下にライフライが通っている~

サンクリエイトがお届けする、家づくりお役立ち情報!
大好評土地シリーズをお届けします。

【今回のテーマ】

ライフライン(ガス管や水道管)が隣地の地下を通っているのですが、
どのような問題があるのでしょうか?

築年数が古い物件が建っていた土地は、ガス管・水道管などのライフラインが、
隣地の地下を通って引き込まれているケースがあります。

万が一、隣地の地下でライフラインが破損などした場合、
隣地に住む方に迷惑がかかってしまう恐れがあり、
賠償などをしなければいけない場合も・・・・

そうならないために、建物を建てる際は前面の道路から自分の土地に
ライフラインを引き直すのですが、その際の費用が数十万円以上かかる場合があります。
(距離がある場合だともっと掛ることもあります)

このような危険性があるため地中のライフラインの位置は必ず確認しておきましょう。
また、前面の道路が私道だった場合は、
私道の所有者に掘削の承諾をもらわなければいけない場合があります。

土地や建物と同じくらい重要なライフラインにも気をつけましょう。
c478b1a6dedb96603a486610161ab9632

◇◇◇ POINT ◇◇◇
築年数が古い建物が建っていた土地はライフラインの引き込みカ所を確認する!

1・ライフラインが隣の土地を横断していた場合、引き直しなどで数十万円の費用がかかることも。
2・私道からライフラインを引き直す場合、私道の所有者に許可を取らなければいけない。

土地のことに限らず、住宅ローンなど、家づくりに関することがありましたら、
サンクリエイトホームまで何でもご相談ください。