家づくり情報

新築を依頼する際の業者の選び方として、

ハウスメーカーや工務店などの選択肢があります。


中でも大切な要素は

「新築・注文住宅を主に取り扱っていること」が一番の条件と言えます。


それはなぜか・・・。

取り扱っている業務内容が多いと、品質に問題が出る場合があるからです。


例えば、新築以外の業務も取り扱っている場合、

家づくりについてのノウハウが新築を専門としているところよりも

低い場合があったりするからです。


主に公共事業を取り扱っていて、

依頼があれば「民間の住宅の新築も扱う」と言う業者も少なくありません。


そうなると、専門に新築に携わっている業者に比べ、

作業している人間のスキルや、家づくりのキャリアなどが

著しく低くなってしまうことが容易に想像できます。

 

また、同じ家の建築でも、建売やリフォームなどを主に扱っている業者と、

「注文住宅」を主に扱っている業者とでは、

住宅の快適さや構造、また見栄えなどについても大きく違ってきます。

 

特に注文住宅は、住む人の生活スタイルに沿った設計と提案が必要になるため、

設計者や現場管理者の、住宅に関してのこれまでの経験が大きく影響してきます。


そのため、できれば新築、その中でも「注文住宅」を主に取り扱い、

専門の監理技術者、いわゆる建築士や施工管理技士などの有資格者が常駐していて、

家づくりのキャリア、実績が豊富にある住宅会社がベストと言えます。

 

また、注意したいのが、技術者だけではなく、

家づくりについて、しっかりと話を聞いてくれて、

的確な提案をしてくれるアドバイザーがいることも大切な要素です。

 

ただ、言うがまま要望を取り入れてくれるところが、

良い業者だと思われる方もいますが、


闇雲に全ての希望を叶えることで、

当初の予算を超えたり、建物が大きくなりすぎて土地に入らない・・・

などの問題も発生したりする場合があるため注意が必要です。

 

ただ単に希望、要望を取り入れるのではなく、

住む人の生活スタイルや、家族構成、趣味、将来等々を考え、


的確なアドバイスと提案ができることこそ、

家づくりに最も重要な要素であるこは間違いありません。


そのような業者をしっかりと見極めて、

大切な家づくり、マイホームを叶えてくださいね。


一戸建てのマイホームには土地のすべての所有権が付与されることになります。

これはマイホーム選びを行う際の決め手となる部分です。


マンションの場合、土地の所有権を得ることが出来ても、

専有面積の割合で土地の持ち分が決まる「区分所有」のため、

簡単に建て直しが出来ないなどのデメリットもあります。

 

土地すべての所有権を得られる一戸建ての場合、

新築物件であれば、リフォームなどの心配も当面は不要のため、

その後にかかる費用の心配もいりません。

 

また、新築一戸建てには「建売住宅」や「分譲住宅」などのように、

予め家の設計が完了し、建築途中もしくは完成してから売出しが行われる物件と、

家の設計から立ち会うことが可能な「注文住宅」の選択肢があります。

 

「注文住宅の価格は高い」などの理由から、

家づくりのプロではない不動産会社が設計を行った、

建売住宅や分譲住宅を比較しながらマイホーム購入を検討する人が多くいますが、

注文住宅の価格相場は決して高いものではありません。

 

例えば、当サイトに掲載されている建築事例などの住宅は、

土地と建物をセットにしても2,500万円~3,000万円が主流であり、

建売住宅などとそれほど金額は変わらないのです。


しかも、建築事例で紹介が行われている家は、

お施主様のイメージを形にしているもので、こだわりが随所に取り入れられている住宅です。

 

建売住宅などの場合は、自分達のイメージに近い家を選んで購入することになるので、

駅から少々遠い不便な場所だったり、

自分たちの生活スタイルに合わない間取り設計だったりする場合も少なくありません。


その点、注文住宅では、まず最初に土地を探してから、

その土地に建築する家の設計を工務店などに依頼する形になるため、

自分たちの希望の場所で、希望の間取りでの家づくりが可能です。

 

ただ、注意が必要な点としては、住宅の価格表示方法には決まりがないため、

各社が自由に価格設定することが出来るようになっています。


そのため、家本体の価格で表示する会社もありますし、

フル装備の価格で表示を行っている会社など様々です。

 

中には引き渡し時の価格として、

広告では坪30万円として表記が行われていたものが、

仕様を変えると数万円アップする、変更する時にはさらに数万円アップするなど、

家が完成する頃には価格が倍近くなってしまうケースもゼロではありません。

 

当サイトが運営する会社の場合は、

すべてが含まれた適正価格で提案を行うことを基本としているため、

途中からどんどん価格がアップしていくことがないように努めています。

 

こだわりたい部分はしっかりと整理を行って優先順序を設け、

予算に応じてお金を掛けたい部分とそうではない部分を明確にすることで、


相場に近い価格での家づくりが可能になるため、

マンションや、分譲住宅、建売住宅などとは違った、

オンリーワンの自分オリジナルの マイホームをつくる事ができます。


いかがでしたでしょうか。

注文住宅は高い!とまだお考えですか?

まずは、信頼の置ける住宅会社で詳しく説明を受けてみることをお勧めします。


これから「マイホームを建てよう」と考えている方で、
工務店に依頼するか?ハウスメーカーに依頼するか?迷っている方はいませんか?

もちろん、いずれに施工を依頼する場合にもメリット、デメリットはありますが、
今回は工務店に依頼した際のメリットについてお話ししたいと思います。

工務店で家を建てるメリットは、何と言っても建築費用が安く抑えられることです。
ハウスメーカーは規模が大きい分、人件費や広告、宣伝などにかかるコストも大きくなるため、
それらにかかる費用を建物価格に転嫁する必要が出てきます。

その点、工務店によって価格が異なるため一概には言い切れませんが、
多くの工務店では多額な広告費や人件費をかけていない分、
建築コストを低く抑えることができます。

また、多くのハウスメーカーでは、あらかじめ家の形や仕様などが決まっており、
その中から選んで組み合わせていくやり方が一般的なため、
家づくりへの自由度が限られてしまう場合もあるようです。

オリジナリティーを求めている方にとっては満足のいかないこともあるかも知れませんね。
工務店では、自身の気に入った間取りやデザイン、内装までを考えることができる、
「自由設計」を取り入れている場合が多いため、思った通りの家づくりができます。

ただ、やりすぎると費用が膨れ上がってしまうこともあるので注意が必要です。
費用をかけるところと抑えるところ、しっかりとバランスを取ることが大切ですね。

また、工務店で建てる良さは「手抜き工事などのチェックのしやすさ」もあります。
工務店では設計から施工まで自社で一貫して請け負ってくれるため、
施行中の管理がスムーズに行えるため、ミスや手抜きなどが発生しにくくなります。

大手にありがちな、下請け、孫請けなど複数の業者が入り込むことで、
管理が煩雑になり、目が届かない部分が出てきたりします。

また、各業者が責任を押し付けあって、責任の所在がはっきりしなくなり、
結果的に「どこも責任を取らない」といった問題にもつながってきたりするので注意が必要です。

今回は工務店での家づくりした際のメリットのお話でした。
少しでも参考にして、家族が幸せになる家づくりをしてくださいね!


一生に一度の大きな買い物となるマイホーム購入。

失敗しないためには信頼できる業者選びがとても大切です。


一生に一度の大事業でもある新築購入で失敗はしたくないですよね。

そこで、今回はマイホームの新築を考えている方のために、

「失敗しないための3つのポイント」についてお話ししたいと思います。


第一のポイントとなるのが、建物の根幹となる「土地」。

日本はご存知の通り地震大国です。また、地下水も豊富で地盤沈下を起こしやすい土地柄です。

まずは、物理的に安心、安全な土地を確実に選ぶ事が大切になります。


でも、ほとんどの人が土地について詳しく勉強した事がなく、

ましてや、「考えた事もない」という人も多いと思います。

そこで、信頼できる優良な業者を選ぶ事がとても大切になってきます。


第二のポイントは建物の耐震設計です。

日本は全国どこに住んでいても大地震に遭遇する可能性が高いため、

新築マイホームを建てる時には最新の耐震設計がされているかがポイントとなります。


しかし、時折ニュースでも取り上げられるように、

手抜き工事が行われ、設計図通りに建てられていないケースも発生しています。


新築を建設中にはこまめに現場に足を運んで、作業の様子に気を配る事、

また、しっかりとした技術、実績のある業者を選ぶこもと重要です。


第三のポイントとしては、

実際に家づくりをされた方の評判や口コミを参考にする事です。

業者と話をしていると、自分たちにとってプラスになることしか話したがりません。


実際に家づくりをした人の口コミや評判を調べれば、

業者の信頼性や仕事ぶりをうかがい知る事ができます。


ただ、ネット上では誹謗中傷も反乱しています。

本当に信頼できる情報なのかの見極めも大切になってくるので、

安易にネットにあふれている情報だけお鵜呑みにするのはとても危険です。


今回は理想のマイホームを実現するための3つのポイントをお話ししてきました。

いずれも欠かすことのできない大切な要素です。


少しでも参考にしていただき、

失敗しない家づくりをしていただければ幸いです。


「家を購入するなら新築が良い」と考えている方は多いと思います。

その際、大きなハードルとなってくるのが「資金繰り」です。


中古よりも価格が高くなりがちなので、しっかりと計画を立てておくことが重要です。

今回は、新築の際の資金繰り”3つのポイント”についてのお話しです


まず一つ目は、「頭金はできるだけ使わない」ということです。

借りられるのであればできるだけ借りるようにして、

頭金は手元に残しておくことが良い方法です。


後にお話しする不慮の事故や病気など、

急にお金が必要になった際にも、手元にお金があれば対応できます。


また、あらかじめ手元にまとまったお金があることで精神的にも余裕ができ、

その後についてもゆとりのある生活をすることができます。


二つ目は「月々の返済額に余裕を持つ」ということです。

家の購入以外にも、生活していくためには多くのお金が必要になります。

特にお子さんがいる家庭では、学費などについても考えておく必要があります。


また、不慮の事故や病気などに陥ったときのためにも、

金銭的な余裕をもっておくことはとても大切です。


最後に、後々かかってくる費用のことを考えて計画を立てておくことです。

家は建てた後もメンテナンスなどでかなりの費用がかかってきます。


長く住み続けるためには、その時々のメンテナンスは必須です。

家づくりを計画する段階から考えておくことが大切です。

 

計画段階では、オプション設備など金額が跳ね上がる工事には注意し、

本当に必要なものは何なのかをしっかりと見極めるようにしましょう。


無理せず、何が必要で何が不要なのかをしっかりと見極める。

また『現金はできるだけ手元に残しておく』


そうすることで不慮の事態にも対応できるようになりますし、

手元の現金を、のちに繰り上げ返済にまわすことも可能です。


今回は資金繰りの際に注意したい3つの点についてお話ししました。


あらかじめしっかりと計画を立ててて、

夢のマイホームを実現してくださいね。