家づくり情報

工務店とハウスメーカーの違いを比較することで、

依頼する業者を選びやすくなります。


両者はそれぞれが歴史的に異なり、目的や規模も異なります。

しかし、完成する住宅のできばえにはさほどの違いが無いことが、業者選びを難しくしています。

 

完成した住宅の施工者を外観から判断するのは容易ではありません。

使っている仕上げはほとんどが同じで、工法にもさしたる違いがある訳ではありません。

両者の違いを比較することで、日本の住宅産業の独特の仕組みも分かってきます。

 

工務店の前身はほとんどが大工です。

大工の棟梁が設立するか、経営に深く関わっています。


社員の多くも大工の場合が多く、現場監督が仕事を仕切ります。

特に木造住宅の施工を得意とし、腕に自信のある職人が多く働いています。

 

経営規模は一般に小さく、地域に根ざした活動をしています。

従来からの伝統的な手法に固着することが多く、

施主の新しい住まいの提案には難色を示すこともあります。


自社で施工した物件に関しては、施主が同じである限り責任を持ち、

リフォームなども引き受けてくれます。

 

ハウスメーカーは経営規模の大きな近代的企業体です。

多くの業界の企業がそうであるように、ハウスメーカーの第一の目的も利潤の追求です。


品質の向上は消費者の要望を見極めて決められ、

それ以外の要素に関してはこだわりがありません。

 

耐震性や省エネ性には積極的に取り組んでいるものの、

耐久性は等閑にされる傾向にあります。


自然素材の活用にも消極的ですが、

消費者に人気のある設備機器の設置には積極的です。


最新の技術を用いているものの、その目的は材料の節約です。

単価を切り詰めて、消費者の要求を最低限満たそうとしているのが特徴です。

 

工務店は営業社員の配置が手薄なのに比較して、

ハウスメーカーは手厚い営業体制をひいています。


そのために、サービスに関しては十分な機能を発揮しています。

施工に関しては、ほとんどが工務店への外注です。

 

自社の社員として大工を抱えている例は少なく、

現場監督と営業担当者がいるにすぎません。


経営規模の大きな会社がほとんどなので、

住宅展示場や新興団地の開発には積極的に参加しています。

 

工務店のメリットは地元に密着していることです。

ハウスメーカーは販売した後は面倒を見てくれないのに対して、

地元に密着した会社はメンテナンスで便宜を図ってくれます。


どこに依頼するかを決める場合は、営業担当者の愛想の良さなどで決めるのではなく、

住宅の品質を見極めることが大切です。


住宅は建ってからが大切です。メンテナンスを不断に行うことで、

使いやすい住宅が出来上がります。


子育てを終えた家づくり

それは終の棲家づくりと言い換えても過言ではないと思います

子育て中の子供中心だった生活から一転、夫婦での生活が主体となります。

 

夫婦で趣味を楽しみながらの生活

やがて体が言う事を聞かなくなっても出来る限りそこで生活できること。

それが、子育てを終えた家づくりの最大のポイントになります

 

間取りという観点から考えると、まず子供部屋は不要になります。

日本では、両親がリビングに寝てでも

子供部屋だけは人数分用意して与える家庭が多いようです。

もちろん、子を思う親としては当然の行為かもしれません。

 

趣味のコレクションを押入れの奥に押しやっていたお父さん、

キッチンが唯一の居場所になっていたお母さんも多いのではないでしょうか。


広々とした寝室、夫婦それぞれの趣味部屋など、

子育てを終えた夫婦にとっては待ち望んだ間取りも可能になります。

 

傷つけられる心配もありませんから、ガラス製品や高級な家具なども揃えられます。

ゆったりした大人の時間を楽しむ事が出来るようになるでしょう。

 

また、年を取れば管理が億劫になってくるという点から、

コンパクトな間取り、バリアフリーなどもポイントになります。


使用頻度の高い居室や水回りは出来るだけまとめて、

動線をスムーズにすることが大切です。

 

重い洗濯物を持って家の中を縦断するような重労働も避けたいものです。

キッチンやパントリーでは、高い所に手が届きづらくなるかもしれません。

介護が必要になれば、トイレも介助する人と一緒に入れるだけの広さが必要です。

 

独立したお子さんたちも年に数回は帰ってくることが予想されます

女の子であれば、里帰り出産を望むかもしれません。


お子さんの生活スタイル次第では、子育て中よりも、

客間の必要性・使用頻度高まる可能性が予想されます。

 

しかし、すべての家庭に適合する「これ」という正解があるわけではありません。

家族それぞれの生活スタイル、理想の形があるからです

 

お子さんはお孫さんを連れてどれくらいの頻度で遊びに来ますか?

親戚が集まる時、最大で何人になりそうですか?

 

旅行が趣味の人と模型が趣味の人では、趣味に必要な部屋も変わってきます。

介護は自分でしたいですか?

老人ホームに入りたいですか?

家にお金を掛けたいですか?

他の事にも時間やお金を掛けたいですか?・・・etc

 

終の棲家づくり」は決められたモデルからではなく、

自分たちの理想や生活パターンに合わせ家づくりがとても大切になります。

新築した際に住宅ローンを利用した場合、

万が一住宅ローンの返済できなくなった場合、

住宅を手放したとしてもローンの返済が残ってしまう場合があります

 

住宅ローンを返済できずにいると競売にかけられることになり、

市場価格よりも安く売却されてしまう傾向があるため、

多額の住宅ローン(残債)だけが残ってしまうことになります。

 

そのため、少しでも高く売却できるように債権者に交渉して、

任意売却と呼ばれる方法を利用する必要があるのですが、

 

専門性が必要になるため、依頼する不動産会社選びに失敗すると

結局競売になってしまう危険性があります。

 

この危険性を回避するには、購入価格の23割の頭金を用意して

あらかじめ支払いを済ませておくと安心です

 

また、返済計画を立てる際には、今後想定される支出も考えておかないと

後々資金不足になることも考えられます

 

マンションの場合は管理費や修繕費が徴収されますが、

これは後に見直しされるものなので注意が必要です

 

購入から10年以上経過してから行われる大規模修繕や、

それ以降の老朽化などによる臨時の修繕で資金が少なくなってくると、

修繕費が引き上げられるので支出が増加します。

 

戸建ての場合は強制的に徴収されることはありませんが、

老朽化は避けられないため、将来予想される修繕費を貯めておく必要があります。

 

支払い計画が破綻しないように、修繕費や管理費、税金など

あらかじめいくらかかるのか予測しておくことが大切です

 

また、子供ができるなどの生活環境の変化でも支出が増加するため、

これらを考慮した上で安全に返済できる金額を見積もっておくことが重要です

 

住宅ローンは低金利ではありますが、高額の借り入れになるため

利息の負担はとても大きくなります

 

また、金利引き下げ制度で借り入れから5年間は金利が低く設定されていますが

6年目以降に利息が増加した場合、支出の増加で返済できなくなる恐れがあります。

 

これ金利の変化も含めて計画を立てることが重要ですが、

利息が抑えられている期間にお金を貯めておき、

繰り上げ返済を行うこと検討もしておくと良いかもしれません。


青森県で新築しようと考えている方は、素材選びがとても重要になります。
青森で暮らしている方は実感していると思いますが、
冬の寒さ、厳しさときたら、とても言葉では言い尽くせるものではありません。

それゆえこれから住宅を建てる際には、
寒さ対策を考えて、使用する素材の見極めが重要になってきます。

家の断熱性能を上げることで、暖房効率も上がり、
暖房のランニングコストを抑えることができます。

家の断熱性を上げるには、断熱材選びが大切です。
断熱材には、繊維系、プラスチック系、セルローズファイバー系などがあります。

繊維系としては、ガラス繊維から作られるグラスウール、
石灰からできているロックウールなどが主流です。

グラスウールは湿気に強く梅雨時など湿気の多い時期でも安心できる素材です。
ロックウールは不燃材のため、火災時に燃え広がるのを抑える効果もあります。
また、防音性も高いのが特徴です。
どれも保温効果が高く、安価に使用できるので一般的に使用されています。

セルローズファイバーはパルプや紙など自然素材が原料のため、
人体に優しくカビにも強いのが特徴です。
吹き付けるタイプの断熱材のため、新築のほかリフォーム時にも使えます。

現場発砲系ウレタンフォームなどは他の断熱材と合わせて使用することが多く、
気密性能は高いのですが、コストが上がってしまうので、
使い所をしっかりと考えて選ぶことが必要です。

これらの断熱材は建物内部での断熱材ですが、
建物の外側への断熱方法もあります。

最近では断熱性の高い化学素材が開発されていますので、
必要に応じて使用するのもいいかもしれません。

家の内側と外側の両方にこだわることで、
しっかりとした寒さ対策が行えます。

他にも、二重窓、ペアガラスやトリプルガラス等々、
工夫すべき点はいくつもあります。

ただ、こういったものは高額になってしまう場合が多いので、
予算と相談して必要に応じて使うようにしましょう。

北国青森で新築する際は、デザイン性や間取りといったものだけではなく、
断熱性や気密性といったところにも注意することが大切です。


新築を依頼する際の業者の選び方として、

ハウスメーカーや工務店などの選択肢があります。


中でも大切な要素は

「新築・注文住宅を主に取り扱っていること」が一番の条件と言えます。


それはなぜか・・・。

取り扱っている業務内容が多いと、品質に問題が出る場合があるからです。


例えば、新築以外の業務も取り扱っている場合、

家づくりについてのノウハウが新築を専門としているところよりも

低い場合があったりするからです。


主に公共事業を取り扱っていて、

依頼があれば「民間の住宅の新築も扱う」と言う業者も少なくありません。


そうなると、専門に新築に携わっている業者に比べ、

作業している人間のスキルや、家づくりのキャリアなどが

著しく低くなってしまうことが容易に想像できます。

 

また、同じ家の建築でも、建売やリフォームなどを主に扱っている業者と、

「注文住宅」を主に扱っている業者とでは、

住宅の快適さや構造、また見栄えなどについても大きく違ってきます。

 

特に注文住宅は、住む人の生活スタイルに沿った設計と提案が必要になるため、

設計者や現場管理者の、住宅に関してのこれまでの経験が大きく影響してきます。


そのため、できれば新築、その中でも「注文住宅」を主に取り扱い、

専門の監理技術者、いわゆる建築士や施工管理技士などの有資格者が常駐していて、

家づくりのキャリア、実績が豊富にある住宅会社がベストと言えます。

 

また、注意したいのが、技術者だけではなく、

家づくりについて、しっかりと話を聞いてくれて、

的確な提案をしてくれるアドバイザーがいることも大切な要素です。

 

ただ、言うがまま要望を取り入れてくれるところが、

良い業者だと思われる方もいますが、


闇雲に全ての希望を叶えることで、

当初の予算を超えたり、建物が大きくなりすぎて土地に入らない・・・

などの問題も発生したりする場合があるため注意が必要です。

 

ただ単に希望、要望を取り入れるのではなく、

住む人の生活スタイルや、家族構成、趣味、将来等々を考え、


的確なアドバイスと提案ができることこそ、

家づくりに最も重要な要素であるこは間違いありません。


そのような業者をしっかりと見極めて、

大切な家づくり、マイホームを叶えてくださいね。