家づくり情報

家を建てる際には工務店かハウスメーカーかの選択になるでしょう。

もしも工務店を検討されている場合、
「どこも一緒に見える。」とお思いではないでしょうか?

実はそうじゃないんです!

今回は良い工務店を見分ける方法を価格的側面からご紹介します。

 

1 良い工務店とは

そもそも良い工務店って何なんでしょうか?

家を建てる際に重要になってくるのは

「家の信頼性」、「価格」、「施工期間」です。

特に購入者にとって大きく関わってくるのが「家の信頼性」と「価格」です。


家の信頼性は、今後も住み続ける上で重要になってきます。

価格は建てる際の大きな指標にもなります。

 

どれだけ価格を抑えて信頼性の高い家を建てられるか。

それができる工務店が良い工務店だと思います。

 

 

2 見積の回数が少ない

何度も見積を出してきては価格が上がる工務店は悪徳業者か手際の悪い業者です。

良い工務店はお客様に安心して家を購入していただくために

最初からある程度そろった状態の見積もりをもってきてくれます。


こういった細かい部分にまで気の回る業者は良い工務店と言えるでしょう!

 

3 自社施工

自社施工を行うということは、間にかかる経費(マージン)が少なくなることを意味します。

マージンは最終的に購入者の負担になるので、

マージンが極力少ない業者が良いと言えるでしょう。


また中間業者を挟まずに済む分、責任の所在も明確です。

 

また自社で施工を行う会社は、

家を建てる近くにある工務店の場合が多いと思います。


暮らし始めてからも家に関わるトラブルは起こります。

そういったときにすぐに駆け付けてもらえる距離であることも大事なポイントだと思います。

 

今まで全部一緒だと思っていた工務店も、

よく見れば違うということに気づいてもらえたでしょうか?


良い工務店を選べれば、良いお家が建てられます。

新築をご検討中の方は、ぜひ上記の点に注目してみてくださいね!


信頼できる工務店に仕事を頼みたいけれど、

何をもって信頼できるかを判断するのって難しいですよね。

そこで今回は信頼できる工務店の選び方をご紹介します!


1 問い合わせた時の対応

良い工務店は問い合わせた時も親切に対応してくれます。

購入者は常に不安や要望で一杯です。


少しでも購入者の理想に近づけてあげたいと思っている工務店は、

購入者の話を親身になって聞いてくれます。

こうした工務店は購入者にしてみても信頼しやすい工務店です。


1 工事現場がキレイ

実際に工務店が工事を行っている現場に行ってみてください。

もしその工事現場が散らかっていたり、たばこの吸い殻などが落ちていたりしたら、

その工務店は良い工務店とは言えないでしょう。

良い工務店は2つの面で現場をキレイに保つはずです。

 

一つは従業員の安全の確保です。

足元に関係のないものがおいてあって躓いてしまっては大ごとです。


従業員を大切に思っていれば自ずと現場をキレイに保とうとするでしょう。

二つは見られているという意識があるということです。

 

見られていると思えば人は仕事を丁寧にこなしますし、手を抜いたりすることもありません。

こうした部分にも良い工務店かを判断する要素が落ちていたりします。


2 職人の腕前

こちらも実際に工務店の現場に行ってみてもらいたい。

職人の腕前は家そのものの出来に関わります。


ベテランが多い工務店さんは施工もしっかりしていて安心ですが、

新人ばかりの工務店は少し不安になります。

 

また出来という点では、どこまで忠実に設計図面に沿って作れるかも、

この職人の腕前にかかっています。


職人さんを常時雇っている会社は、臨時で雇っている会社よりもコストが発生しますが、

そこは購入者がどう判断されるかですね。


2 会社の理念

意外に見落としがちなところかもしれませんね!

その工務店がどういった理念を掲げているかは自身が安心する上で重要です。


また理念に共感できるということは、あなたが望む家を実現してくれる可能性も高まります。

その点からいうと、あなたにとって良い工務店である可能性は高くなります。

 

以上が信頼できる工務店の選び方です。

信頼できる工務店の選び方を紹介してきましたが、

地方に行けば行くほどハウスメーカーよりも工務店による施工が多い。


そのため依然として信頼できる工務店を見極める必要があります。

地域の噂を聞いてみるもよし、実際に現場に足を運び、仕事っぷりを確認するもよしです。

 

一生の中で一番大きな買い物といっても過言ではない「家」。

建てる際の工務店選びは十分に検討してくださいね!


それでは、よきハッピーライフを!

注文住宅を建てる上で気になるのはなんといっても価格ですよね!


「ハウスメーカーなどで提示している価格は本体工事費用のみで、

他の費用も足すと3割くらい高くなる」と

聞いたことがある方も多いんじゃないでしょうか?


気になる注文住宅価格の内訳についてご紹介します!


1 注文住宅価格の内訳

予算のうちの何割が土地代にかかるのか、

「いくら建物費にあてられるのか?」を考えて注文しなければ、

後で「なぜこんなに高くなるの?」と後悔することにもなりかねません。


注文住宅の費用の内訳としては、大きく本体工事費、付帯工事費、諸費用にわけられます。

また、これらに付随して土地を取得する費用や住むために必要な家具や家電の費用もあります。


2 本体工事費

本体工事費とは基礎工事費用から壁や内装まで、家の建築そのものの費用です。

よく広告などで目にする価格は本体工事費を指している場合が多いので注意が必要です。

本体工事費は注文住宅価格の78割ほどを占めています。

 

つまり逆にいうと、提示している価格よりも23割は高くなるのです。

例えば提示価格が2000万円の家は、最終的には24002600万円ほどになります。

このトリックを知らなければ、後々「こんなに高いなんて!」ということになりかねません。


3 付帯工事費

付帯工事費とは建物本体以外の工事費を指します。

水道や電気をひっぱってくる工事の費用であったり、

建設予定地に他の建物がある場合は、それらの解体費用も入ってきたりします。


また外構工事費と呼ばれる塀や駐車場建設に必要な費用もこちらに含まれてきます。

さらに建設予定地が軟弱な地盤であった場合には、地盤改良を行う必要があり、

それらの工事費用も上乗せされることになります。


3 諸費用

諸費用とは本体工事費と付帯工事費以外で発生する費用です。

主に土地取得に関わる仲介手数料や各種申請費用、手数料などです。


これらは基本的には現金で用意しなければいけない費用で、場合には寄りますが、

2000万円のお家だと100万円以上はかかってくることになります。

 

本体工事費ばかりに目がいってしまいがちですが、

付帯工事費、諸費用といった追加の費用がかかってくることは理解していただけたでしょうか?

表示価格の23割も高くなることもあるのです。


これらに土地費用もかかることを併せて考えることで、

無理のない資金計画を立てられるかと思います!


全体像を描くことは、理想の家を建てることにつながります。

家は大きな買い物です。これらを踏まえてよりよいものにしていってください!

子育てする際に不安なことってたくさんありますよね。
そんな中でも今回はお母さんが安心して子育てできる家づくりを子供の目線で考えてみたいと思います!

・身近に潜む危険
身近にはたくさんの危険が潜んでいます。
特に何が危険なのかの判別がつかず、何にでも興味を示してしまう子供にとってはさらに危険がいっぱいです。
子供の不慮の事故の割合を見てみても、交通事故や転落、溺死、窒息など、
親の目を離したすきに
という事故が多いのが現状です。

しかし親とて万能ではありません。いついかなるときも子供を見続けるというのは困難です。
少しでもお母さんの負担を和らげられるような具体的な家づくり方法を以下でご紹介します。


・段差をつくらない
活発な子供はすぐに段差に上がりたがります。
ベランダや窓の近くに段差や登れる高さの椅子などはおかないことが重要です。

また階段も日常に潜む危険の一つです。
子供の安全を考えてベビーフェンスを設ける、滑りにくいカーペットなどを敷いて滑らないようにする工夫も効果的です。
また直線の階段は危険です。


直線の階段だと、一度足を踏み外してしまうと、下まで落ちてしまいます。
踊り場を設けて下まで落ちないようにすることも重要ですね。


見落としがちなのが、階段照明です。
階段回りが暗いと先の段差に気づけずに足を踏み外してしまうかもしれません。
極力明るめの照明を使うことをおすすめします。足元照明を設けるのも効果的ですね。


・水回り
お風呂場やキッチンはとても危険です。
特にお風呂場は子供の事故が多発する場所です。
事故を防ぐためにはドアを押して開くタイプではなく、ドアノブタイプにすることや、ドアノブの位置を高くすることが効果的です。


またキッチンも子供が興味を示しやすい場所です。
危険なものはしまっておく。
戸棚などは子供が簡単に開閉できないように取っ手を高い位置にもってくるなどの対策が良いでしょう。
お風呂場やキッチンにベビーフェンスをたてて入れないようにするのもいいと思います。

・コンセント

意外かもしれませんが、コンセントも事故が多い場所です。
子供はコンセントの穴に指や棒を興味本位で差し込んでしまいます。
感電の恐れもあります。コンセントは穴が閉じられるものや、カバーをつけることで対応できます。


お母さんには気苦労が絶えないもの。
少しでも安心できる家づくりをすることでお母さんものびのび子育てができますね!
子供目線で家づくりをすることでお母さんも子供も安心して暮らせそうです。


 

青森県でお住まいをお探しの方、どの町が暮らしやすいのか気になりませんか?

住みやすさにはアクセスの良さや環境といった様々な要素がありますが、

今回は利便性の観点から青森県でも大きな3市に絞って住みやすい街をご紹介します!

 

・弘前市

青森県西部に位置し、人口は県内3位の都市。江戸時代には弘前藩が居城を構えており、

城下町として発展しました。城下町らしく県内では活気のある町で、

弘前大学など教育施設も弘前市に集中しているので、若い人たちも他市に比べて多いですね。

 

弘前市は温泉地としても有名で、近くに温泉に入れる施設があるので、

温泉好きにはたまりません!また春には弘前さくら祭、夏にはねぷた祭など、

イベントごとも目白押しです!

ただ他の2市と違い、新幹線や空港が近くにないため、遠出するには向いていないかと思います。

 

・八戸市

八戸市は何といっても他の2市に比べて雪が少ない点があげられるでしょう。

また夏も冷涼で過ごしやすい気候になっています。


また東北新幹線が八戸駅で停車するため、八戸から遠出することも容易です。

隣の市の三沢市には三沢空港があり、民間便もでています。

 

ただし公共交通機関での市内の移動はバスになるのですが、

本数が少ないため、自家用車を持っているほうが過ごしやすいでしょう。


買い物には八戸中心市街地が便利です。

病院施設も充実していますし、困った際にはすぐ病院に行くことができます。

 

また見落としがちな点ですが、坂が少なく、自転車での移動が楽なのもいい点だと思います。

余談ですが、実はフジテレビが映るのが3市の中で八戸だけです。

テレビっ子には死活的な問題かもしれませんね。

 

・青森市

青森県のちょうど中央に位置する県庁所在地で、

新幹線が停車するため交通の便も良くなっています。


また北海道行の船も発着しているので、頻繁に出かける方に向いています。

港も近くにあるので、新鮮でおいしい海産物が食べられるのも魅力ですね。

またお手頃な値段のスーパーも多いため、家計に優しいですね。

 

ただし、県内でも有数の豪雪地帯で、冬は1mを超える積雪を記録することもあるので、

雪になれていない方は大変かもしれません。


青森市は他の2市に比べて特筆すべき特徴がないともいえる市ですが、

行政、環境、教育、福祉のどの面から見てもバランスがとれている良い市であると思います。

 

今回は青森県の中でも特に人気のある3市をご紹介しました。

利便性を重視するのか、住みやすい環境を重視するのかによって判断の基準は変わってきますが、

3市とも過ごしやすい良い街だと思います。


青森に住むことをご検討中の方は参考にしてただければ幸いです!