青森の注文住宅と建売住宅の比較

新しく家を購入する際に、決めることの一つに、
注文住宅にするか、建売住宅にするかという選択がありますよね。

それぞれの特徴をしっかりと理解していないと、
住んでから、後悔する可能性があります。

今回から、青森の住宅を建築する際の、
注文住宅と建売住宅のメリットとデメリットについてお話ししていきたいと思います。

まずは、注文住宅のメリットについてです。
注文住宅の一番のメリットとしては「自由度が高い」ことが挙げられます。

「広い庭が欲しい」、「多機能のキッチンが良いな!」、
「玄関を吹き抜けにして、光をたくさん取り入れたい」等々、
それぞれの要望をしっかりとかなえてくれます

一から建築士の方と設計をする作業は、とても楽しいものです。
自分でつくった家に、より愛着を持って暮らすことができるのではないでしょうか。

また、「この世にひとつしかない、自分だけの家づくり」が可能です。

次に、「予算を調整しながら考えることができる」ことです。
これは、先の、自由度が高いことに関係しています。

自由度が高いということは、たくさんの要望を取り入れられると同時に、
自分がお金をかけたくないところには、
とことんお金をかけないこともできます。

お金をかけるところと、かけないところにメリハリをつけることで、
満足度が高く、費用を抑えた家を建てることができます。

そして、「出来上がっていく過程を見ることができる」ことも、
メリットの一つと言えます。

自分で考えた家が出来上がっていく過程を見ることによって、
より、家に対する愛着が湧きます。

何もないところから、自分たちの家が出来上がっていく過程を見ることは、
とてもワクワクしますよね。

更には、「手抜き工事を予防できる」ことも挙げられます。
現場に出向いて、その建築過程を見ることで、
業者さんとの間にも緊張感が生まれます。

これからずっと住んでいく家が、手抜き工事されていて、
欠陥住宅であることを喜ぶ人は一人もいませんからね。

建築過程を見ることで、それを防止する機能もあります。

いかがでしたでしょうか。
注文住宅のメリットは何と言っても「自由度が高い」こと。
自分の要望をふんだんに取り入れた家づくりは、本当に楽しいものです。

また、予算調整できることや、建築過程を見ることができるといった、
メリットも挙げられます。

ただ、そんなすばらしい「注文住宅」にも、デメリットはあります。
次回は、注文住宅のデメリットについてのお話ししたいと思います。

お楽しみに!