青森の住宅 リフォーム打ち合わせの時の注意

今回は、”リフォームの打ち合わせの際のポイント”と、
”注意すべきこと”についてのお話をしたいと思います。

【担当者との打ち合わせ】

リフォームの担当者と話すタイミングが、施工会社の実力を測る良い機会です。
住宅やマンションなどの担当者と違い、リフォーム担当者は一人でプランニングから工事管理など、
幅広い分野を担当しています。

つまり、リフォームの出来具合は、担当者との相性や
担当者本人の力量次第で決まってくる
といっても過言ではありません。
せっかく良い施工会社を選んだとしても、担当者が良くなかった場合、
リフォームを失敗する可能性がかなり上がってしまうので注意が必要です。

【力量を見極めるには】
担当者の力量を見極める方法は非常に簡単で「とにかく質問をする」ことです。
事前に質問事項を考えておくのも良いですが、担当者と話しているうちに、
必ず疑問点が浮かんでくるので、その点を質問するようにして下さい。

さらに、複数見積もりをしている場合は、
同じ質問をほかの施工業者の担当者にすることで比較しやすくなります。
その際、ごまかさずにきちんと話しているかをチェックするようにしましょう。
「わからない」と答えられた場合には、なぜ分からないのか理由を聞いてみる事が大切です。

【できます!しか言わない】
こちらの要望に何でもかんでも「できます!」としか答えない人も要注意です。
もちろん本当にできる場合もありますが、後から追加工事が発生して、
最終的な比喩が膨らんでしまった・・・なんてこともあり得ます。

工事内容が予算内に収まっているのか、きちんと確認するようにしましょう。
メリットだけではなく、デメリットも話してくれる担当者だと信頼できるでしょう。

【絞りこむポイント】
「それでもまだ決まらない!」と言う方は施工会社に行って打ち合わせをして見るのも一つの方法です。
オフィスの清潔さや、社員の態度など、自宅で行っているときとは違った発見があるはずです。

最終的に会社を決めるときに「大手だから」「有名だから」
いった理由で決めてしまうのはオススメしません。
大きな会社と小さな会社、それぞれにメリット、デメリットがあります。
さらに、有名な会社は自社宣伝に莫大なお金を使っている場合が多くあります。
その分、リフォーム費用が高くなるかもしれません。

最終的には相手が「信用できるのか」、自分たちの希望に対して、
「どれだけ適切に提案や実現をしてくれるのか」を見極める事が重要です。