仮住まいの種類・決め方

新築やリフォームに長い時間かかってしまう場合は、
仮住まいをする事がほとんどです。

その際、何も知らずに「仮住まいなんて適当でいいや」と決めてしまうと、
無駄に費用を使ったり、必要な機能が備わっていない家に住むことにもなりかねません。

そこで、今回は仮住まいの家を決める際の基礎知識と、
ポイントについてお話ししたいと思います。

仮住まいする建物の「5つ」の種類
1・UR住宅
2・マンスリーマンション
3・短期賃貸住宅
4・ウィークリーマンション
5・ホテル


1・UR住宅
原則として3ヶ月以内の英訳はできません。
工事に3ヶ月以上かかる倍であればUR住宅がオススメです。

2・マンスリーマンション

その名の通り、月単位で契約ができるマンションのことです。
家具や日用品が初めから揃っているので、部屋に着いたらすぐに生活を始める事ができます。

3・短期賃貸住宅
短期の仮住まいの場合は、一般的な賃貸住宅を探すのはかなり困難です。
そこで2週間からの「仮住まい用の賃貸住宅」などで調べてみると
上手く見つける事ができるかも知れません。

4・ウィークリーマンション
マンスリーマンションよりもっと短いスパンでの契約が可能なマンション。
こちらも家具や家電がついているので、すぐに生活が始められます。

5・ホテル
ここはあまり説明がいらないと思いますが・・・
一般的なホテルを借りてそこに住むという事です。

【費用の確認】
仮住まいを考える際に一番気になるのがお金の問題ですよね。
仮住まいの費用の他、引越しにかかる費用も考えておく必要があります。
行き当たりばったりではなく、事前に把握しておく事が重要です。

【広さの確認】
家族が不自由なく過ごせるかどうか?だけではなく、
持ち込む家財道具が部屋に収まるかも重要なポイントになります。

今回は仮住まいについての基礎知識とポイントについてお話ししました。
どれも重要な要素であり、これを考えないと仮住まい中に家族の仲が悪くなってしまう・・・・
なんてことにもなり兼ねません。

これらのポイントをチェックして、
仮住まいで失敗しないようにしましょうね。