青森の注文住宅と建売住宅のメリット、デメリット

このブログをご覧の方は「自分の家が欲しい」と考えている方だと思います。

家を購入するにあたって注文住宅と建売住宅の2種類が存在することはご存知だと思います。

 

せっかく家を購入するなら「注文住宅で自分だけのオリジナルな家」を建てるところから始めたいと

思われる方もいれば、「専門的な知識を持っている人が建てた家で十分」という方もいると思います。

 

そこで今回は「注文住宅と建売住宅のメリットとデメリット」についてご紹介したいと思います。

 

建売住宅とは

建売住宅とは、土地と住宅をセットで販売する新築分譲住宅のことです。

一般的には、まとまった土地をいくつかの区画に分けて、同じ仕様の住宅を何棟か建てて販売することが多いです。

住宅が完成してから販売する場合もあれば、設計プランだけが決まっている状態で販売されていることもあります。

 

建売住宅のメリットとデメリット

建売住宅は住宅の間取りや外装、仕様が決まっているので完成された住宅のイメージがつきやすい

価格も注文住宅に比べて割安になり、家が建つまでの時間や手間が少なくて済みます。

デメリットとしては、住宅の自由度が低いことや、建築過程が確認できないことが挙げられます。

 

注文住宅とは

注文住宅とは、建築士やハウスメーカーに設計を依頼し、施工会社に建築してもらう住宅のことです。

法律による規制はありますが、一定の条件を満たしていれば思い通りの住宅を建てることができます。

また、その住宅が完成するまでの過程を楽しむこともできます。

 

注文住宅のメリットとデメリット

注文住宅の最大のメリットは自由度の高さです。

間取りはもちろんのこと外装も内装も好みのものを選択することができます。

建築過程も細かくチェックできるので、欠陥住宅になりづらいことも挙げられます。

 

また、予算の中からお金をかけたい場所を選ぶこともできます。

 

デメリットは、ある程度の建築に関する知識がないと設計が難しく、完成した住宅のイメージがつきにくいという点です。

また、土地をすでに所有されているかどうかも大切になってきます。

土地をお持ちでない場合は、土地を探すところから準備が必要となります。

 

いかがでしたでしょうか、注文住宅と建売住宅のメリットとデメリットについてご紹介しました。

サンクリエイトホームでは、注文住宅の専門的知識をもったスタッフがお客様をサポートしています。

少しでも注文住宅に興味をお持ちでしたら、お気軽にご連絡ください。