IHクッキングヒーター3つの利点!

みなさんの中には「キッチンのリフォーム」をお考えの方もいらっしゃると思います。

キッチンの中でもコンロ周りが汚いのでコンロをリフォームしたいという方もいるでしょう。

 

その際気になるのが、従来通りのガスコンロに取り換えるのか、

それとも新しくIHクッキングヒーターを導入するのかという点です。

 

そこで今回はIHクッキングヒーターを導入することについてご紹介したいと思います。

 

お手入れが簡単なIHクッキングヒーター

ガスコンロを使っていて不便なところと言えば、お手入れが面倒なところではないでしょうか。

バーナー周りは部品を取り外して拭かなければならず、

天板部分にも汚れが飛ぶので、きれいに掃除する必要があります。

 

しかも、日頃から手入れを欠かさないと油汚れがこびりついて、お手入れに時間がかかるようになります。

 

しかし、IHクッキングヒーターなら、ガスコンロと違いフラットな形状をしているため、

吹きこぼれもサッと一拭きするだけです。また、火を使わないことで上昇気流が発生しないので、

壁や換気扇が油でベトベトになりづらいです。そのため、きれいな状態を維持しやすい仕様になっています。

 

◆IHクッキングヒーターならガスコンロより効率よく温められる!

一見すると火を使っているガスコンロの方が火力があるように見えますが、

IHクッキングヒーターは電気を使って、熱を発生させるためガスよりも効率よく熱をつくり出すことができます。

 

また200Vのハイパワーも出せるので調理時間の短縮にも繋がります。

IHクッキングヒーターが普及した当初は、IHに対応している鍋が少ないなどの問題がありましたが、

最近ではIHクッキングヒーターの方が幅広い鍋やフライパンに対応できるようになってきたので、

そのような心配もなくなりました。

 

熱い夏場や寒い冬場の調理も快適にしてくれる

夏場にガスコンロを使って調理をしていると火が近くにあるので汗をかいて大変ですよね。

しかし、IHクッキングヒーターは先ほども説明しましたが、

火ではなく熱で調理器具を温めるので夏場も涼しく調理ができます。

 

また、IHクッキングヒーターは、火を使って調理を行わないため余分な水蒸気が発生しません。

そのため、冬場にできる結露発生を抑えることもできます。

 

ここまでIHクッキングヒーターを導入についてご紹介しました。

もし少しでもIHクッキングヒーターに興味をお持ちになられたのなら、サンクリエイトホームまでご連絡ください。